【外壁塗装】ケレン作業とは?

丁寧に下地処理を行います

こんにちは。

ここ何日か風の強い日が続いていましたが、やっと落ち着きましたね。

寒くないだけ良いですが、やはり風の影響で花粉が凄いです。

くしゃみと鼻水、目のかゆみ。。。(笑)

それでは本日も外壁塗装作業の写真をご紹介します。

吉田町神戸の現場では。。。

棟板金のケレン作業をしています。

そして、錆止めの塗料を塗っていきますよ。

こちらは屋根の下塗りをしています。

屋根そのものの強度を高めるために、下地強化剤とよばれる

塗料を塗っていきますよ。

焼津市塩津の現場では。。。

こちらもケレン作業をしています。

いつもブログを読んで下さっている方でしたらご存知かと

思いますが、知らない方のためにご説明しますね。 

よく見積書には「下地処理」って書いてありますが、実際に

下地処理ってどんなことをするのか、よくわからないという

お客様がとても多いです。

その1つがケレンという作業になりますよ。


汚れやサビ、旧塗膜が剥がれかけている部分をしっかりと剥がし

表面に小さなキズをつけて、塗料の接着面積を多くすることで

下塗りの密着度を高める効果を出す作業を指しています。

丁寧にケレン作業をしたら、下塗りの塗料を塗っていきますよ。

どの工程も、長持ちさせるためにとても重要な作業なんです。

先日塗装作業を終えたお客様が、今度は玄関ドアの交換工事を

行いましたよ。

外壁が綺麗になると、古くなった玄関ドアが、余計に

目立ってしまいます。

塗装と合わせてドアの交換工事をされるお客様が最近

増えていますよ。

これまでの枠に取り付けるタイプなので、解体も必要

ありませんし、朝「行ってきます」とお出かけされて

から、「ただいま」と帰ってくる間にはもう完成!

あっという間に綺麗な玄関ドアに生まれ変わりますよ。

何だか新築のお家みたいですね!

ドア交換もお任せいただけますのでお気軽にお声掛け

下さい。

それではこれからお客様の所へ確認に行ってきますよ。

今日も頑張っています。



 
 

今すぐお電話をする