【外壁塗装】下地処理って?

耐候性を高めるために必要な作業です

こんにちは。

土曜日ですが、もちろん張り切って作業をしていますよ!

この地域は冬でも雪が降らないので一年を通して作業が

できるので良いですよね。

雪が降る地域では雪の間は作業ができないですから。

それでは本日も外壁塗装作業の写真をご紹介します。

藤枝市青葉町の現場では。。。

外壁の中塗りをしています。

牧之原市勝俣の現場では。。。

シーリングの充填をするところにプライマーを塗っていきます。

その後、新しいシーリングを充填していますよ。

そして最後にマスキングテープを剥がしていきます。

島田市稲荷の現場では。。。

屋根の上塗りをしています。

ケレン作業をしています。

よく見積書には「下地処理」って書いてありますよね。

その1つがケレンという作業になります。

特に鉄部においては、過去の塗膜が剥がれかけている部分を

しっかりと剥がしておくこと、そして塗装面に小さなキズを

つけて塗料の接着面積を多くして、下塗りの密着度を高める

効果を出す作業になりますよ。

どの作業も大切ですので、きっちりと進めていきます。

本日は土曜日なので、色決めの打合せがたくさんありました。

やっと色が決まり、ますます塗装をするのが楽しみになった

そうです。

イメージ画像以上の仕上がりになりますので、楽しみにして

いて下さいね。

今からもう一件、色決めの打ち合わせに行ってきますよ。

今日も頑張っています。



今すぐお電話をする