【島田市の外壁塗装専門店】塗装における健康被害について解説します!

今から外壁塗装を考えている方の中には、

「外壁の塗料って健康に悪いのかな?」
「シックハウス症候群がって聞くけど、外壁塗装は大丈夫?」

など、心配になる方もいらっしゃるかと思います。

今回は、外壁塗装の健康被害やシックハウス症候群について解説します。

 

【シックハウス症候群とは?】

シックハウス症候群とは、塗料や建材に含まれる化学物質が影響して、体に異変が起こることです。
主な原因はホルムアルデヒドといわれる物質ですが、その他にも原因物質があります。

 

症状としては、めまい、眠気、頭の痛み、かゆみ、鼻水、くしゃみ、吐き気、しびれなどがありますが、シックハウス症候群だと診断されることは難しく、症状も多岐にわたるので見分けることは難しいとされています。

 

【外壁塗装のシックハウス症候群】

外壁塗装をする際ににおいが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
においが気になって仕方がないという方は、においが少ないものや良いにおいがついている塗料が開発されていますのでチェックしてみてください。

 

そのシンナーのにおいが、健康に悪いものが入っているように感じられるかもしれませんが、最近ではにおいの少ない塗料や使われることもあります。

 

密封された家とは違い外壁は外気に常に触れているので、シックハウス症候群の症状が出ることは少ないです。
しかし、油性塗料の中には「シックハウスの原因」になる可能性があるものもあります

 

シックハウスの可能性がある物は基本的に油性塗料のみに限られます。
油性塗料には、弱溶剤と強溶剤の二種類があり弱溶剤は塗料シンナーで塗料を薄めていますが、強溶剤はラッカーシンナーというもので希釈をします。
油性塗料はどちらもシンナーが入っているのですが、健康のことを考える場合は弱溶剤の塗料を選ぶようにしましょう。

 

塗料のホルムアルデヒドが気になるという方は、F☆☆☆☆(エフフォースター)を選ぶようにしましょう。
F☆☆☆☆というのはフルムアルデヒドの発散量がゼロか微量という材料を意味するものです。
健康が気になるという方はこのF☆☆☆☆を見るようにしましょう。

 

【まとめ】

シックハウス症候群は目に見える病気ではないこと、病状が断定しづらいことから原因を突き止めることが難しい分、塗料を選ぶ人や使う人たちで予防するようにしなければなりません。
家族やパートナーの健康を守るため、健康被害を考える外壁塗装業者から考えなければなりません。
シックハウス症候群が不安な方はお気軽にお問い合わせください。

今すぐお電話をする