サイディングとは?読めばわかるサイディングの基本|焼津市で外壁塗装をお考えの方へ

皆さんは「サイディング」とはご存知でしょうか?
ご自宅を建てる際に聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

「サイディングとはそもそも何なのか」
「何に使う物なのか」
という疑問を持っておられる方も多いのではないでしょうか?
そんな方々のためにこちらの記事ではサイディングの基本を解説いたします。

 

□サイディングとは

そもそもサイディングとは何なのでしょうか。
言葉を聞いただけではわからないですよね。
サイディングとは一言で言えば建物の外装に使用される外装材のことです。
セメント質と繊維質によって造られた板状のもので、これ貼ることで塗料と同様の効果を発揮します。
建物の形に合わせてサイディングボードを貼り付けていき、その貼り付けたボードをシーリング材と呼ばれるつなぎ目や隙間に用いる材料でつなぎます。
シーリング材はサイディングボードとボードの間の隙間を埋めるもので、建物の防水性などを保持します。
塗料の代わりになるサイディングボードを建物の骨格に合わせて貼っていくというイメージですね。
サイディングが主流になり始めたのは1990年頃からで、洋風住宅が多くなってきた時期と同時です。
サイディングが施された建物を見るとお分かりになると思いますが、外観が洋風で輸入住宅のようなイメージの建物が多いことが特徴的ですね。

 

□サイディングのメリット

サイディングは近年進化しており、デザイン性、機能性ともに数年前よりも良くなっています。

サイディングを使用するメリットとしては、
・コストが安い
・デザインが豊富
・防火性・遮音性に優れている
・施工しやすく工期が短い
・品質が安定している
などが挙げられます。

品質が安定しているというのは、サイディングボードが工場で生産されているため質が安定しているということです。

 

□サイディングのメンテナンス

サイディングはメンテナンスフリーだと聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、そんなことはありません。
サイディングにもメンテナンスは必要です。
使用されているサイディングの種類にもよりますが、それぞれ耐用年数がありその年数を超えると劣化が加速してしまいます。
また、サイディングに使用されているシーリング材の耐久年数は短く、防水性も低いのでメンテナンスを怠ると雨漏りの原因にもなりかねません。
基本的なサイディングのメンテナンスにはシーリング材の打ち替えとボードの塗り替えが必要かと思われます。
また、ボードの塗り替えをする上で注意していただきたいことがあります。
それは、弾力性の塗料を使用しないということです。
サイディングボードには表面温度が高温になりやすい、吸水性が高いという特徴があります。
この特徴と弾力性のある塗料の相性が悪く、せっかく塗り直しをしても塗膜の膨れ・剥がれが起こりやすくなってしまいます。
ボードの塗り直しを行う際は使用する塗料を確認しましょう。

 

□最後に

こちらではサイディングの基本やメリット、注意点について解説いたしました。
サイディングのことについて少しは知識を深めていただけましたか?
長年住む家だからこそ、しっかり考慮して施工方法を決めてくださいね。

今すぐお電話をする