塗り替えのタイミングとは?基準を解説|焼津市で外壁塗装をするなら

外壁塗装の塗り替えを検討されている方の中には、「どういったタイミングで塗り替えを行えばいいのかわらかない」「タイミングを判断するための基準があれば教えて欲しい」と思っておられる方も多いのではないでしょうか。
適切なタイミングでメンテナンスを行うことで、さらなる劣化を防ぎ、長く綺麗な外壁を保つことができます。
そこで今回は、塗替えのタイミングを判断するための基準を5つご紹介します。

 

□タイミングを判断する5つの基準とは

塗り替えのタイミングを判断する5つの基準をそれぞれご紹介いたします。

 

*汚れや色あせが目立つ

外壁の汚れや色あせが目立つ場合は、塗り替えを行うタイミングであるでしょう。
汚れや色あせは経年劣化が進行している証拠ですので、そのまま放置しておくと、防水性の低下から雨漏りなどが発生する可能性があります。
また、見栄え的にも良くないので、塗り替えを行いましょう。

 

*ひび割れや剥がれ

ひび割れや塗装の剥がれが生じている場合は、速やかに塗り替えを行いましょう。
ひび割れや剥がれが生じている場合、雨水が侵入しやすくなり、さらなる外壁の劣化や雨漏りの原因に繋がります。
外壁がさらに劣化した場合、外壁塗装では補修できなくなるなど、さらなる工事・費用が発生してしまう可能性があります。
もし、ひび割れや剥がれを発見した場合は、できるだけ早く塗り替えを行いましょう。

 

*カビや藻の発生

カビや藻は外壁の劣化を進行させる原因になります。
そのまま放置していると、外壁内部にまで劣化が進行してしまいますので、カビや藻を発見次第、塗り替えを行うようにすると安心です。

 

*鉄部のさびや腐食

鉄部のさびや腐食は、目に見えて劣化を確認できる指標の1つです。
鉄部のさびや腐食は広がりやすく、また脆い状態ですので、さらなる劣化や被害に見舞われる可能性があります。
怪我などの被害が発生してしまわないためにも、鉄部にさびや腐食を発見した場合は、塗り替えを行いましょう。

 

*チョーキング現象

最後にチョーキングです。
チョーキングとは、塗装面に触れた際に、チョークのような白い粉が手などに付着する現象です。
この現象が起こっている場合、防水機能などの低下が考えられますので、塗り替えを行うようにしましょう。

 

□最後に

 

今回は、外壁塗装の塗り替えのタイミングを判断するための基準を5つご紹介しました。
上記の5つのいずれかの症状が出ている場合は、さらなる劣化を防ぐためにも早めの対策を講じる必要があります。
外壁塗装のタイミングでお悩みの場合は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

今すぐお電話をする