塗料の寿命とは?種類別の耐用年数を紹介|焼津市で外壁塗装をするなら

外壁塗装を検討されている方の中には、「外壁塗装でどのくらい持つのだろう」「塗料によって耐用年数がどのくらい違うのか知っておきたい」と感じている方も多いのではないでしょうか?
耐用年数は、塗料の機能が高く保たれる期間を指しており、耐用年数をすぎた場合は塗り替えを行うべきであるとされています。
そこで今回は、外壁塗装に使用されている塗料の耐用年数についてご紹介します。

 

□塗料の種類と耐用年数

*耐用年数とは

そもそも塗料の耐用年数とはどのような意味を表すのでしょうか。
耐用年数とは、塗装したその日から、外壁にひび割れなどの劣化症状が起きてしまうまでの期間を表します。
つまり、耐用年数が長ければその分外壁塗装を行う頻度を少なくすることができるということです。

 

*塗料によって異なる耐用年数

こちらでは外壁塗料に主に使用される塗料のうちの耐用年数の違いをご紹介します。

 

・アクリル塗料 3〜5年

アクリル塗料は塗料にアクリル樹脂を混ぜた塗料で、比較的リーズナブルな塗料です。
はっきりとした色合いとツヤが特徴であり、昔から多くの方に使用されています。
ただし、他の塗料に比べて劣化が早く剥がれやすい塗料でもあるので耐用年数は短いです。
そのため、短期間で何回も塗り替えをしたいという方にはおすすめの塗料です。

 

・ウレタン 5〜7年

ウレタン塗料はウレタン系樹脂を主成分とした塗料であり、光沢のある仕上がりになるのが特徴です。
しかし、塗料の平均耐用年数が10年であるのに対しウレタンは6〜8年です。
そのため、平均よりは少し短いと言えます。

 

・シリコン 7〜10年

シリコン塗料は主成分がシリコン系樹脂でできた塗料です。
価格と機能のバランスが良く、住宅の塗装に最も普及している塗料がシリコンです。
比較的耐久性に優れています。

 

・フッ素 10〜15年

一般的に使用される塗料において最も高価で耐久性に優れているのがフッ素です。
家を長期的に保護したい場合に良く使用される塗料です。
耐候性や耐熱性にも優れています。

 

・ラジカル 8〜15年

2015年に発売された新しい塗料であり、劣化しにくいのが特徴です。
フッ素より安価で、シリコンより耐用年数が長いということで最近よく使用されています。

 

□耐用年数は条件次第

耐用年数は外壁の状況や条件によって大きく左右されます。
例えば、自動車の交通量の多い道路や、降水量の多い地域などでは、外壁の受ける日常的なダメージが多いため、耐用年数が短くなります。
このような状況や条件に合わせて、塗料選びをすることも重要です。

 

□最後に

今回は、外壁塗装に使用されている塗料の耐用年数についてご紹介しました。
耐用年数は外壁塗装の1つの指標です。
もし汚れや色あせが目立つ場合は、耐用年数が過ぎていなくても塗り替えを行うようにしましょう。

今すぐお電話をする