塗料の種類とその特徴

「外壁塗装したいけど、塗料はどうやって決めればいいの??」
「塗料によって外壁塗装に違いはあるの??」

このように、外壁塗装をお考えの方は、その塗料についても知っておきたいですよね。
実は、塗料によってその特徴や値段、耐久性が変わってきます。

そこで今回は、外壁塗装の代表的な塗料の種類とその特徴についてご紹介します!!

□アクリル塗料

耐久年数は5~7年で、単価は1,400~1,600円です。
(ここでいう単価は、下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りの合計単価を言います。
また、耐久年数はあくまで期待できる年数です。)
価格が安く、ホームセンターで購入してDIYで使われることが多いですが、耐久性が低いため、専門業者はほとんど使いません。
しかし、ピュアアクリルやパーフェクトトップと呼ばれる一部のアクリル塗料は新しい技術で耐久性が高くなり、最近ではよく使われています。

□ウレタン塗料

耐久年数は8~10年で、単価は1,700~2,200円です。シリコン塗料が一般的になる前は主流でしたが、今は外壁や屋根にはほとんど使われなくなりました。
ベランダやアパート、マンションの屋上の防水工事に使われています。

□シリコン塗料

耐久年数は10~15年で、単価は2,300~3,000円です。
一戸建ての外壁塗装では7~8割がシリコン塗料とされ、よく使われます。
値段と耐久性のバランスがよく、艶やカラーバリエーションの豊富さが人気の理由です。
ただ、シリコン塗料はそのグレードによって耐久性が変わります。
一部の業者では、シリコン塗料の耐久性を売りにして一番安くて耐久性の低いシリコン塗料を使っている業者もいるため、注意が必要です。

□フッ素塗料

耐久年数は12~15年で、単価は3,800~4,800円です。
フッ素塗料はシリコン塗料よりも上のグレードのものです。
値段は高いですが耐久性が高く、比較的大きな家で使われます。
また、劣化が早い屋根はフッ素塗料、外壁はシリコン塗料という組み合わせで工事をしているケースもあります。

□まとめ

今回は、外壁塗装における塗料の種類とその特徴についてご紹介しました。

外壁塗装は、10年に一度のペースでメンテナンスが必要と言われています。
「お金がかかるし…」と外壁塗装を後回しにしてしまうと、外壁の剥がれやひび割れにつながり、後々家を建て替えなければならなくなる危険性もあります。
ご自宅を長く良い状態で保つためにも、外壁塗装でより良い住まいづくりを実現させることがおすすめです。

今回の記事が、外壁塗装をお考えの方のお役に立てたら幸いです。

今すぐお電話をする