塗装における色による印象とは?|焼津市の外壁塗装専門店がご説明します!

そろそろ外壁塗装をしようとお考えの方の中には、

「落ち着きのある家にはどんな外壁が合うのだろう?」
「外壁の色で気持ちが変わるのかな?」

と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、取っ手や屋根の色も考慮しておかないと、不自然に見えてしまうことがあります。
今回は、外壁の色に悩んでいる方に、外壁の色の効果についてご紹介します。

 

【色の種類について知っておきたいこと】

色には三属性というものがあり、知っておくと外壁の色を選ぶ際に役立つかもしれません。

・彩度

色の鮮やかさの程度を表す言葉です。
彩度が高いものは原色に近くなり、再度の低いものは灰色に近くなります。
彩度が高いものを選ぶと住宅を個性的にし、目立たせることができます。

 

また、再度が低いものはパステルカラーなどもありますので、ご自身の好きなお色を再度によって決めてみるのもいいかもしれませんね。

・明度

この言葉は色の明るさを示しています。
高くなると白色、低くなると黒色になります。
低くなればなるほど、重い雰囲気の外観になります。
重厚感のある外観にする場合は明度を抑えて検討すると、落ち着いた雰囲気の住宅になることでしょう。

・色相

色相環は色のサークルのことですが、色相環で外壁の色を選ぶ際にはかなり役に立ちます。
色相環でみたときに対極にある色を選んだり似た色を選んだりできるので、色のサークルは参考になると思います。

 

【色による印象とは?】

・黄色系

楽しい気持ちになります。精神的にポジティブになる色でしょう。
黄色の原色は目立ちすぎてしまいしますが、クリーム色など黄色味のある色を選ぶと柔らかい印象になります。

・赤色系

情熱的な色ですが、交感神経が活発になる色です。
エネルギッシュな色で元気になれるのですが、使い方や明度によっては外壁には不向きな色となるので、赤を選ぶ際は注意深く選んでください。

・青色系

青色は精神を落ち着かせる色ですので、雰囲気が良くなるでしょう。
クールな印象で、冷たい雰囲気も与えてしまうかもしれませんが薄いブルーなどはオシャレな雰囲気をだすときにいいかもしれませんね。

・茶色系

茶色は落ち着いた雰囲気のある住宅となるでしょう。
茶色系と灰色系は外壁に良く使われる色ですので、無難な色を選びたい方にはお勧めです。
さまざまな見本や他の住宅をみて彩度や明度を選ぶようにしましょう。

 

【まとめ】

このように外壁塗装の色は、さまざまな方法で選ぶことができます。
まずは、どのような印象を与えたいかを考えた上で外壁の色を選ぶとスムーズになりますよ。
外壁はその色が使われている面積によっても与える印象が変わることがあります。
ご家族やパートナーとよく検討してお選びくださいね。

今すぐお電話をする