外壁の色選びの注意点

「どういう点に気をつけて外壁の色選びをすればいいのか分からない」「色選びの注意点があれば教えて欲しい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
外壁塗装を検討する上で、色を選びは非常に大切なポイントです。
また、色によって外壁の印象は大きく変わりますので、色選びの際は慎重になる必要があります。
そこで今回は、色選びの際に気をつけておきたい5つの注意点をご紹介します。

□外壁の色選びの注意点

外壁の色選びの際の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。
5つの注意点をそれぞれご紹介します。

*白や黒は汚れが目立ちやすい

白や黒といった色は、汚れが目立ちやすいという点に注意する必要があります。
真っ白や真っ黒という色は避けて、少しクリームがかった白や、少しグレーよりの黒色を選ぶと、汚れが目立ちにくくなります。

*原色に近い色はは経年劣化で古びて見える可能性がある

赤色や青色といった原色に近い色を選んだ場合、色あせなどの経年劣化が現れやすいということに注意する必要があります。
もし経年劣化によって古びた印象になるというのを避けたいという場合は、原色に近くない色を選びましょう。

*周りの景観にも配慮する必要がある

色選びで注意しておきたいのが「周りの景観に配慮する」という点です。
周りの住宅がクリーム色やベージュ色が多い中、赤色や青色といった色の外壁だとかなり目立ってしまうことがあり、悪目立ちをしてしまう可能性があります。
こうした場合には、きつい印象を与えてしまう可能性もあります。
そのため、周囲の環境や他の住宅の色にも配慮しながら外壁の色を決めていきましょう。

*景観ガイドラインの有無と内容を確認

先ほどの項目で、色選びの際には周囲の景観に配慮する必要があるということをお伝えしました。
地域によっては、景観ガイドラインが策定されている地域もありますので、ガイドラインの有無やその内容について事前に確認しておく必要があります。

*実際に同じ色の現場を見せてもらう

色選びをする際にサンプルを見せてもらうという方も多いのではないでしょうか?
この際に注意しておくのが、塗られた面積によって色のイメージが違うという点です。
小さい面積の時の色と大きい面積の時の色では感じ方が異なります。
ですので、もしサンプルを見せてもらうという場合はできる限り大きなサンプルを見せてもらうようにしましょう。
もし可能ならば、実際に同じ色を塗ったという住宅を見せてもらい、どういった色なのか確認するとより効果的な場合が多くなっています。

□最後に

今回は、外壁の色選びの際に気をつけておきたい5つの注意点をご紹介しました。
外壁の色を検討される場合は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

今すぐお電話をする