外壁塗装で心配な健康被害とは?|焼津市で外壁塗装をするなら

外壁塗装を検討されている方の中には、「塗装による健康被害にどういったものがあるのか知っておきたい」「健康被害を避けるためのポイントがあれば知りたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか?
近年、塗装に含まれる有害な物質による健康被害が多くなっています。
そこで今回は、塗装による健康被害にはどのようなものがあるのか、健康被害を避けるためのポイントを紹介していきます。

 

□塗装による健康被害

*シックハウス症候群

塗装による健康被害で代表的なものに、シックハウス症候群があります。
シックハウス症候群とは、新築の住居や新車といったものに使用される接着剤や塗料に含まれるホルムアルデヒドなどの人体に有害な物質によって引き起こされる症状のことを指します。
頭の痛みやめまい、目の痛みや鼻水、鼻づまり、咳やくしゃみ、喘息、吐き気や食欲不振など、様々な症状を引き起こします。

 

*シンナーによる被害

外壁塗装に使用する油性塗料はシンナーなどの溶剤に塗料を溶かしているため、独特のにおいを発します。
最近では、においが軽度の塗料もありますが、このシンナーによるにおいで体調不良を引き起こす可能性があります。
そのため、外壁塗装の作業中や塗りたての時には、外壁付近で長時間滞在するのは避ける方が良いでしょう。

 

□健康被害を避けるポイント

*ホルムアルデヒド放散等級が高い塗料を選ぶ

ホルムアルデヒド放散等級とは、塗料中のホルムアルデヒドの放散がどのくらい抑えられているかを示す等級です。
この等級が高ければ高いほど安全面において優れている、ということを示します。
もしアレルギーがあるという方や小さいお子さんがいて不安だという場合は、できるだけ等級の高い塗料を選びましょう。

 

*水性塗料を選ぶ

水性塗料は油性塗料とは違い、シンナー等の人体に有害な物質を溶剤として使用していないため、人体に悪影響の少ない塗料とされています。
シンナーの臭いによる被害が不安な場合は、水性塗料を選びましょう。

 

*塗装中は外壁に近づかない

塗装中の外壁に近づくとシンナー等の悪影響を受ける可能性があります。
そのため、塗装が行われている時には、外壁に近づかないようにして、しっかり乾くまで、仮の住まいに避難しておくことも良いでしょう。

 

□最後に

今回は、塗装による健康被害にはどのようなものがあるのか、健康被害を避けるためのポイントを紹介しました。
少しの工夫で、健康被害を避けることできます。
健康被害対策をされる場合は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。

今すぐお電話をする