外壁塗装に不可欠?シーリングとは?|焼津市で外壁塗装するなら

家の外壁塗装を行いたいとお考えの方が最も頭を悩ませるのは外壁塗装の色や値段、塗料の種類ですよね。
その中には外壁にサイディングを使用することを検討される方も多いのではないでしょうか?
そのサイディングにおいて最も劣化しやすいと言われているのがシーリング部分です。
外壁を補修する際はシーリングなしには語れません。
こちらの記事では、皆さんが見落としがちなシーリングについて解説いたします。

 

□シーリングとは

シーリングとはコーキングとも言われており、シーリング材という液体で施工時外壁にできてしまう隙間を埋める工事です。
シーリング材はシリコンやポリウレタンを主とする樹脂であり、物と物の間を密閉状態にすることができます。
サイディングボードをつなぎ合わせる役割を果たし、建物にひび割れが出てきた際にはシーリング材をひび割れに注入することで補修する役割も果たします。
つまり外壁補修をする際には欠かせない工事となります。

 

□耐用年数は

上記にも記した通りシーリング材は劣化が早いことが特徴です。
シーリング材は物と物の間に挟まれて絶えず膨張や収縮を繰り返しているためです。
耐用年数は5〜10年であり、使用されている部分の日当たりや湿度によって異なります。
家の外壁を見てみてシーリング部分にひび割れや隙間ができてしまっている場合や剥がれている場合は補修が必要でしょう。
補修せずに放置してしまうとそこから雨水や湿気が侵入してしまい家の防水機能が低下してしまいます。

 

□シーリングの補修費用の相場は

シーリングの補修には「増し打ち」と「打ち替え」の二種類があります。

 

*増し打ち

増し打ちの場合、シーリング材の長さと足場代が主に費用の内訳になります。
一般的なシーリング材を使用する場合、【700〜900円/m】が相場であり、足場を必要とする部分の施工には足場代として追加で15〜20万円が発生します。

 

*打ち替え

打ち替えの場合は増し打ちの費用に追加で既存の古いシーリング材の撤去費用がかかります。
その撤去費用は【600〜700円/m】が相場です。

 

□注意点

シーリングの打ち替えを依頼する場合にぜひ注意して欲しいことがあります。
それは業者選びです。
シーリングの打ち替え工事は大変難しい作業です。
さらにシーリング工事は建物の外壁と密接に関係しています。
シーリング工事を失敗されてしまうと家の劣化を早める原因になるかもしれません。
このようなことを避けるために、シーリングの打ち替え工事を行う際は業者選びを慎重に行うことをおすすめいたします。
シーリングに精通した職人の方に施工を依頼するのがベストではないでしょうか。

 

□最後に

こちらの記事ではシーリングの役割や耐用年数、補修の費用、注意点について解説いたしました。
シーリングの工事がいかに重要で難しい工事を伴うものか理解していただけましたか?
外壁塗装を行う際にはぜひシーリングの状態も確認してみてくださいね。

今すぐお電話をする