外壁塗装のツートンカラーの色の組み合わせを焼津市の塗装専門店が解説

「外壁の塗装が剥がれてきた。今まで外壁は一色だったけど、今度はツートンカラーにしてみようかな。」
「近所の家の外壁塗装がツートンカラーに変わっていた。うちもそろそろ外壁塗装が必要なころだし、ツートンカラーにしてみようかな。」
外壁塗装に関して、このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は外壁塗装のツートンカラーの色の組み合わせについてご紹介したいと思います。

 

○ツートンカラーの色の組み合わせ方

ツートンカラーは建物がおしゃれに見えますし、目を引くものになります。
しかし、どんな色どうしでも組み合わせていいのかというと、そうではないんです。
ここでは、ツートンカラーの色の組み合わせ方を見ていきます。

 

・基本は同系色

同系色とは、文字通り、近い色のことです。
同系色にすることで、建物全体の調和がとれますし、(色味の違い)に類似性があり、まとまった印象になります。

 

・セパレーションカラーの使用

「色は二色選んだが、あんまりまとまってない気がする。」
このように感じたら、セパレーションカラーを使用しましょう。
セパレーションカラーとは、二色の間に入れる色のことで、二色間に境界を入れることによって、それぞれの色が独立し、ツートンカラーが効果的になります。

 

○ツートンカラーの種類

建物のツートンカラーというと、上下の色の違いを想像しがちですが、実はツートンカラーにはさまざまな種類があります。

 

・上下で分ける

一階部分と二階部分を異なる色にします。
たとえば、二階部分に明るい色をもってくると、建物を大きく見せる効果が期待できます。

 

・縦に分ける

例えば正面から見たときに、窓枠の幅だけ一階部分から二階部分にかけて、他の部分とは異なる色で塗装されているものなどもあります。

 

・出っ張っている部分のみ他の色

たとえば、バルコニー部分だけを他の色にするというツートンカラーの方法もあります。
こうすると、建物に立体感を与えることができます。

 

○ツートンカラーの組み合わせの注意点

・反対色の選択は注意

「ツートンカラーは基本的に同系色で」ということをご紹介しましたが、逆に反対色でツートンカラーをしてしまうと、非常に強い印象の建物になってしまいます。
たとえば、過去には漫画家の非常に派手な家がその地域の景観を壊しているとして訴えられたこともあります。
そのため、その地域に景観法はないか、また周辺の家の雰囲気なども考慮したうえで、ツートンカラーを決定しましょう。

 

○おわりに

以上、外壁塗装のツートンカラーの色の組み合わせについてご紹介しました。
外壁塗装は約10年に一度のことで、基本的に、一度塗った色が約10年はそのままになります。
ツートンカラーの色選びはよく考えて行っていただけたらなと思います。
外壁塗装に興味をお持ちの方はぜひ当社にお問い合わせください。

今すぐお電話をする