外壁塗装の塗料のにおいが気になる!!その対処法とは!?

「外壁塗装をしたいけど、においが心配。」
「外壁塗装でにおいを少なくする方法はあるのかな。」
「外壁塗装による害はどんなもの??」

このように、外壁塗装の際に発生するにおいが気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
塗料に含まれるシンナーの嫌な臭いを想像する方は多いと思います。

そこで今回は、外壁塗装のにおいを少なくするための対処法について、お伝えします!!

 

□外壁塗装のにおいによる悪影響

 

外壁塗装に使用される塗料の中のシンナーの刺激臭を吸い過ぎると健康被害を引き起こすことがあります。

軽度なものだと吐き気やめまい、睡眠障害、頭痛、月経不順や、目や口、鼻などの粘膜に刺激を感じたり不快感が出たりする場合もあります。
また、長期的にシンナーのにおいを吸うことで、ノイローゼやシックハウス症候群、ひどい場合は呼吸困難に陥ることもあります。

お腹に赤ちゃんがいる場合は、赤ちゃんに届く可能性もあるため、注意が必要です。

 

□外壁塗装のにおいによる悪影響

 

水性塗料は、油性塗料に比べてにおいが少ないため、おすすめです。
水性塗料はシンナーを一切使用せず、水を使って薄めるため、有害物質を大幅に削減できる効果を期待できます。
費用面でも、油性の塗料よりは安くなります。

しかし、水性塗料が「シンナーを使わない」ことから「安全」「無臭」と言い切れるわけではありません。
塗料を安定させるために多少はVOC(揮発性有機化合物)が入っているため、においは完全にはなくなりません。

そのため、においや害が気になる方は、工事中は空気の入れ替えを積極的に行ったり、塗料の近くになるべく近付かないようにしたりすることが大切です。

 

□まとめ

 

今回は、外壁塗装の際ににおいを少なくするための対処法についてお伝えしました。

外壁塗装を行うにあたって、最も気を付けたいのは、業者選びです。
業者の中には、塗布する回数を少なくする業者や、塗料の使い方を誤っているようなおすすめできない業者もいます。
そのため、適正な金額で正しく工事をしてもらえる業者を選ぶことが大切です。
また、気になることや質問に丁寧に答えてもらえる、コミュニケーションをしっかりとってくれる、などスタッフの対応や態度にも注目して見極めることをおすすめします。

理想の外壁塗装のイメージやニーズをしっかりと実現してもらえる業者を選び、より良い住まいづくりを実現させてくださいね。

今回の記事が、外壁塗装をお考えの方のお役に立てたら幸いです。

今すぐお電話をする