外壁塗装の色で印象はどう変わる?焼津市の塗装専門店が解説

「そろそろ塗装業者に外壁塗装を頼もうかと思っている。色はどうしようかな?」
「外壁塗装の剥がれが気になってきた。塗装業者に塗装を頼みたいけど、その前に外壁塗装の色で建物の印象がどのように変わるのかを把握しておきたい。」
外壁塗装の色に関してこのような疑問や考えをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は外壁塗装の色による印象の違いについて、焼津市の塗装専門店がご紹介します。

 

□寒色系の色の印象

寒色系とは、青や青緑、青紫などの色のことです。
海や海底などを連想させ、建物の印象を落ち着いた雰囲気にしてくれます。

 

□暖色系の色の印象

暖色系とは、赤や橙、黄色などの色のことです。
こちらは太陽や炎などを連想させ、建物に温かみを与えます。

 

□面積効果について

面積効果とは、
・明るい色の場合、大きな面積になるとより明るく感じ、暗い色は大きな面積になるとより暗く感じる
・大きな面積になるほど、薄く見える
というものです。

 

面積効果を知っておかないと、
・思っていた色の濃さよりも薄い色になってしまった
・思っていた色よりも明るい色になってしまった
という事態になってしまう可能性があります。

 

□屋根やドアの取っ手によっても印象が変わる

屋根やドアに何色を使うかによっても建物全体の印象が変わります。
例えば、外壁であればホワイト系の色やベージュ系の色が人気色としてありますが、屋根の色は外壁との色の組み合わせが重要になります。
そのため、屋根には外壁との色相環が近いものを選ぶと、建物全体がまとまった印象になります。

 

ドアの取っ手も同じように、ドアとの色の組み合わせをよく考える必要があります。
ドアの色と全く正反対の色相環の色を取っ手の色にしてしまうと、ドアの取っ手だけが悪目立ちしてしまう可能性があります。

 

□おわりに

以上、外壁塗装の色による印象の違いと、面積効果についてご紹介しました。
外壁塗装では、塗装の技術はもちろんですが、「どの色を選ぶか」というのも完成した際の印象を大きく左右してしまいます。
あらかじめご自身でどのような色にするか、どのような組み合わせにするかを大まかに考えていただくとスムーズに進みます。

 

当社では色彩心理診断士の資格を持った者が色彩の提案をさせていただいており、お客様とご相談をしながら、お客様に満足していただける塗装を目指しております。
焼津市周辺で外壁塗装に興味をお持ちの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

今すぐお電話をする