島田市で外壁塗装をお考えの方へ|色の組み合わせ意識してますか?

外壁塗装の成功と失敗を分ける最も大きな要因は「色」ですよね。
建物の顔とも言われる外壁の色は大変重要です。
しかし外壁が一色だけの建物は珍しいですよね?
一色だけしか使われていない外壁は少なく、基本的にはいくつかの色を組み合わせて外壁塗装は行われます。

 

そこで重要なのが色の組み合わせです!
色は組み合わせによって見え方や雰囲気が変わります。
こちらの記事では外壁塗装における色の組み合わせについて解説いたします。

 

□印象の違い

色の組み合わせによって全体の印象はかなり異なります。
それらにはどのような印象の違いがあるのか解説いたします。

 

*同系色の場合

同系色が使用されている建物は比較的多いと感じませんか?
建物の場合に限らず、色を組み合わせる場合は同系色である方が全体的にまとまりを感じやすいからなんです。
例えば、緑と黄緑や、茶色とベージュなどの同系色の方が、赤と青やオレンジと紫よりもまとまりを感じますよね?
このように建物にもまとまりを取り入れたい場合は同系色で組み合わせることをおすすめいたします。

 

*反対色の場合

逆に、反対色が使用されている建物は珍しいですよね?
実は反対色を組み合わせるとお互いの色を際立たせるという特徴があります。
つまり外壁に反対色を使用した場合、派手な印象になるということです。
外壁が派手すぎると周りの街並みにマッチせず浮いてしまう可能性が高くなります。
だからこそ、外壁に反対色を使用することはおすすめではありません。

 

□理想のイメージ

*高級感

外壁に高級感を求める場合におすすめなのは「黒・白」です。
やはりこの色の組み合わせは上品で格調高い印象をもたせる効果があります。

 

*可愛らしさ

可愛らしい印象をもたせる色の組み合わせは「クリーム色・オレンジ」です。
クリーム色とオレンジには元々可愛らしい温かみのある印象があると思われます。
また、同系色で組み合わせることによりまとまりを演出することもできます。

 

*ナチュラルさ

ナチュラルな印象を与えたい場合は「茶色・クリーム色」です。
茶色には自然や落ち着きを感じやすいです。
組み合わせにクリーム色を使用しなくとも茶色を使用すればナチュラルでくつろぎやすい印象を与えることができます。

 

□最後に

色の組み合わせによって与える印象が異なることを理解していただけましたか?
外壁だけでなく、窓のサッシやドアの色など変えられない部分との調和も意識して納得のいく色の組み合わせを決めてくださいね。

今すぐお電話をする