島田市で外壁塗装をお考えの方必見|塗り替えに一番適している時期はいつ?

「一番外壁塗装に適した季節に施工してもらいたい!」
「どの季節が一番良いのかな?」
という疑問をお持ちの方がいらっしゃるかと思います。

 

外壁塗装は屋外で行う工事です。
つまり、屋内で行う工ものよりも天候や気候に左右されやすい工事であるといえます。
そのため外壁塗装には、理想的な気候条件を満たしやすい『外壁塗装に適した季節』と呼べるものがあります。

今回は外壁塗装の塗り替えに一番適している時期はいつなのかをご説明します。

 

○塗料の条件

塗料には施工できない気候条件が塗料メーカーによって定められています。
それは、

 

・気温が5度以下
・湿度が85%以上

 

というこの2つです。
つまり寒すぎる日と、雨や雪の日には外壁塗装工事ができません。

 

また、雨が降っていなくても湿度が高すぎる日は工事をやめた方が良いです。
なぜなら、上記の条件の下で工事をすると、塗料を塗っても乾かない、塗料自体が雨や雪で流れ落ちてしまう、といったことになるからです。
雨の日に作業をすると塗料に水分が混ざって仕上がりが悪くなりますし、乾燥が不十分なのに重ね塗りをすると剥がれの原因になります。

 

このほかにも塗料によっては塗装できない条件があります。
塗装をする際は業者に塗料の使用条件を確認するとよいでしょう。

 

○一番適している季節

塗料の条件を満たしている季節が外壁塗装に適している季節です。
そのため、梅雨で雨がよく降る6月、7月や、寒くて塗料が乾きにくくなる冬の12月、1月、2月は外壁塗装には不向きな季節であるといえるでしょう。

 

また夏の8月、9月は梅雨が明けて塗料が乾きやすくなる時期ですが、炎天下で作業すると足場が熱くなり、職人の体力が奪われてしまうので、できるだけ避けた方がよいかもしれません。
春や秋の4月、5月、10月、11月は暑すぎず寒すぎない季節ですし、天気が安定しているだけでなく、空気も乾燥しているので外壁塗装にぴったりです。
しかし、人気の季節はすぐに予約が埋まってしまう可能性があります。
早めに業者を探すことが重要です。

 

今回は外壁塗装の塗り替えに一番適している時期をご紹介しました。
しかしながら、どの季節に施工を行うスケジュールを組んだとしても、施工日に条件を満たさない気候になってしまう可能性は十分にあります。
そして反対に、梅雨や寒い冬など、一見外壁塗装に適していないと思われる季節でも条件さえ満たせれば施工することは十分可能です。
どの季節でもきちんとした施工スケジュールを組んでくれる業者に依頼することが大切ですよ。

今すぐお電話をする