島田市で外壁塗装をお考えの方必見|外壁塗装で考えられる健康被害とは?

あなたは、外壁塗装の工事現場のそばを通ったときにシンナ-の匂いを嗅いだ経験はありませんか?
ペンキ特有のなんともいえないあの匂いを誰もが嗅いだことがあると思います。
なんとも体に悪そうな香りですよね。

 

「外壁塗装を考えているけど、体に悪い影響がありそう・・・」
そんな風に心配されている方がいらっしゃってもおかしくありません。
今回は外壁塗装による健康被害の可能性についてご説明します。

 

○シックハウス症候群

最近、新築または改築した家に入居した後に
「目がツーンとする」
「めまいがひどい」
「頭やのどが痛い」
などといった症状を訴える人が増加しているのをご存じですか?

 

これらの症状はシックハウス症候群と呼ばれており、室内の空気が化学物質によって汚染された結果起こると考えられています。
最近の家は昔よりも高気密になっているため汚染された空気が停滞しやすいのです。
有害な化学物質とはホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどのことを指します。
塗料の主な主成分には溶剤、顔料、合成樹脂などがありますが、溶剤の中にこれらの有害物質が含まれていることがあります。

 

塗料にまつわる健康被害としては、シックハウス症候群が主に挙げられます。
しかし、シックハウス症候群は家の内部に汚染された空気が停滞して起こるものです。
外壁塗装は外で行う工事ですので、有害物質は大気中に消えていくため基本的にはシックハウス症候群を心配する必要はありません。

 

○ホルムアルデヒド放散等級

塗料の説明書きの部分に『F☆☆☆☆』などと明記してあるものがあります。
これは塗料のホルムアルデヒドの放散量などを表したものです。
このような塗料はその階級によって使用が制限されているので、この記載がある塗料を選んでも、記載通りの使用量を守ればたとえ室内でも人体への影響はないと考えて良いでしょう。
特に『F☆☆☆☆』と記載のあるものはホルムアルデヒドが少ない塗料ですから、安心して使用していただけます。

 

今回は外壁塗装による健康被害の可能性についてご説明させていただきました。
健康被害が全くないとは言い切れませんが、外壁塗装においてはシックハウス症候群の心配はほとんどありません。
それでもどうしても心配だという方は、ホルムアルデヒド放散等級が記載されている塗料を使用することをオススメします。

 

「外壁塗装工事は体に悪そうだからしない!」
という理由で外壁を放置していたら、経年劣化などによって外壁がぼろぼろになり、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。
外壁塗装は約10年を目安にするようにしましょう。

今すぐお電話をする