島田市で外壁塗装をお考えの方必見|外壁塗装と健康被害の関係は?

「そろそろ我が家も外壁の塗り替え時かなあ」と思っている方はいらっしゃいませんか?
おうちが新築同様に綺麗になったり、雰囲気をガラリと変えたりできる外壁塗装ですが、塗装の際に使用する塗料が原因となって、健康に被害を及ぼしてしまうケースも報告されています。

 

外壁塗装を行った後は、どうしても塗料の臭いが発生してしまいます。お体の弱い方や、小さなお子様、またはアレルギーをお持ちの方がいらっしゃる場合には特に注意が必要です。

 

今回は、外壁塗装に伴う健康被害にはどのようなものがあるのかをご紹介していきます。

 

〇外壁塗装と健康被害の関係

外壁塗装の塗料によく使われているものの中には
・エタノール
・トルエン
などの有機性溶剤が含まれています。

 

この有機性溶剤を吸い込むことでシックハウス症候群や、化学物質花瓶症を発症してしまうケースが報告されています。
これらの症状を発症すると、視力が低下したり、鼻水が止まらなくなってしまったり、正常な呼吸ができなくなったりする、などの症状が現れるようになります。

 

しかしこれらの症状は、外壁塗装の工事が終わってから数日の間、きちんと換気をして新鮮な空気を取り込むようにしていると自然と治ります。
ただし、赤ちゃんや妊婦さんの場合には、この症状の回復がなかなか見受けられないケースもありますので、その場合には病院へ行き、医師の指導のもとゆっくりと回復を図りましょう。

 

〇被害を未然に防ぐには?

このような被害を防ぐために、外壁塗装を行う際に使用する塗料を、自然塗料にするなどの対策があげられます。
しかしその分お値段は高くなってしまいますし、耐性に関しても自然由来の成分からできているため、必ずしも長く持つとは断言できません。

 

普通は、外壁塗装が終わってから毎日換気を心掛けることで、これらの症状を防ぐことができます。
もしご家族の中にお身体の弱い方がいたり、赤ちゃんや妊婦さんが心配であったりする場合には、外壁塗装を行っている間と塗装が終わってからしばらくの間は、実家に帰るなどの対策をとり、おうちに近づかないように気を付けると良いでしょう。

 

今回は外壁塗装に伴って発生する健康被害と、その対処方法についてご紹介しました。
健康被害を恐れて外壁塗装をすることを諦めるのではなく、どんな健康被害が起こる可能性があるのか、その対処法は何なのかということをしっかりと勉強しておきましょう。

 

「それでもまだ外壁塗装をするのは怖いなあ」という方は鈴覚までご相談くださいませ。
あなたの不安をしっかりと取り除いた上で、綺麗なおうちに仕上げさせていただきます!

今すぐお電話をする