島田市で外壁塗装をお考えの方必見|水性塗料と油性塗料の違いを比較

おしゃれな外観のおうちが増えてきている現在、「我が家の外壁も雰囲気を変えたいなあ」とお思いの方は多いのではないでしょうか?
外壁を変えるといっても、どんな色の外壁にしたいのか?またはどんな質感の外壁にするのか?など考えるべき項目がたくさんあります。

 

そこで今回は、皆さまがおうちの外壁について、具体的に考える際の参考にしてもらえるように、水性塗料と油性塗料の違いについてご紹介します。

 

〇水性塗料とは?

水性塗料とはその文字通り、水からできている塗料のことを指します。
そのため外壁塗装独特のシンナーの臭いがしない点が特徴です。

 

そんな人や環境に優しい水性塗料ですが、これまでは、その成分ゆえに塗膜が弱いことが欠点とされていました。
しかし最近の水性塗料は進化を遂げており、油性塗料にも劣らないほどの塗膜性を発揮してくれるようになってきています。
このため、技術面と環境面に優れている水性塗料は人気塗料と言えるでしょう。

 

〇油性塗料とは?

油性塗料はシンナー臭を発生させる有機溶剤がたくさん含まれている分、強力な塗膜をつくることが可能です。
壁への密着性が優れているため、一度塗装をするとかなり長い間塗り直す必要がない点が特徴として挙げられます。

 

また、密着の強さについて言えば、普通ならば付着しにくい金属などの物質に対してもしっかりと付着させることが可能です。

 

〇両者の比較

水性塗料と油性塗料それぞれの特徴について説明しましたが、結局どちらが良いのでしょうか?
結論としては、どちらのメリットを優先するかによります。

 

例えば、ご説明した通り水性塗料は人と環境に優しく、独特のシンナー臭を発生させることもありません。
ですが、密着度の点では油性塗料の方が優れています。最近の水性塗料は改良のおかげで壁に対する密着度が従来よりも増したとはいうものの、それでも油性塗料にまでは及びません。

 

油性塗料は、有機溶剤を含んでいるので、塗膜性の強化や仕上がりにツヤを出すことも可能になります。

ただし、密着度を重視して油性塗料を選ぶのであれば塗装を終えてから数日の間はシンナー臭を我慢する必要があるでしょう。

 

また費用の面から比較すると、有機溶剤をたくさん含んでいる油性塗料の方が、値段が高くなります。

 

このように、水性塗料と油性塗料にはそれぞれ利点と欠点があります。
外壁塗装をするにうえで一番重視したいのが「費用」であれば水性塗料をオススメしますし、「耐用年数」で選ぶのであれば油性塗料をオススメします。

 

あなたが一番重視したいポイントは何ですか?
今回ご紹介した内容を参考にして一度考えてみてくださいね。

今すぐお電話をする