島田市で外壁塗装をお考えの方必見|1液型と2液型の塗料を比較!

あなたは外壁塗装の塗料に『1液型』と『2液型』があることをご存じですか?
聞いたことがないという方も多くいらっしゃることでしょう。

 

また、「外壁塗装をするときに『1液型』や『2液型』といった言葉を耳にしたけれど、一体何のことかわからない!」
とお困りの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は外壁塗装に使用される塗料の『1液型』と『2液型』について、それぞれの特徴をご紹介します。

 

〇1液型と2液型とは?

外壁塗装に用いられる塗料には合成樹脂や溶剤、顔料などが含まれていますが、
その中の合成樹脂の種類によって塗料の耐用年数は異なります。
また、水で塗料を薄めるか、溶剤で塗料を薄めるかでも塗料の特性は異なってきます。

 

どの合成樹脂と溶剤を使うかを決めた後に、その塗料は1つの缶の液体だけで使うことができるのか、それとも二つの異なる缶の液体を組み合わせて使うのか、という分類分けをすることができます。
これが『1液型』と『2液型』です。
それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

・1液型

こちらは1つの缶の中に水やシンナーを入れるだけで塗装に使うことができる塗料です。
1型液の塗料缶にはあらかじめ硬化剤が混ぜられています。
そのため2型液のように硬化剤を混ぜ合わせる必要がなく、手間がかからないというメリットがあります。

 

さらに、2型液よりも価格帯が低いところもメリットです。
しかし、硬化剤がすでに混ぜられている1型液は、2型液に比べて化学反応がゆっくりです。
反応が遅いと、塗膜の性能を最大限発揮することができなくなるので、耐久性に関しては2型液よりも劣ってしまいます。

 

・2液型

主材が入っている缶と硬化剤が入っている缶の2つを仕入れて、塗装をする直前に主材と硬化剤を混ぜ合わせて作ります。
2つを混ぜ合わせることで硬化反応が起こり、強固な塗膜を作ることができるので、外壁への密着度が高く耐久性において優れているといえます。

 

しかし、2型液はその特性上混ぜた瞬間から凝固が始まり、時間が経つにつれてドロドロとしてくるため数時間たったらカチカチに固まって使えなくなってしまいます。
作り置きができないので、作った分はその日のうちに使い切る必要があります。
さらに塗料が足りなくなるとそのたびに混ぜ合わせて作らなければならず、とても手間がかかってしまいます。

 

今回は外壁塗装に使用される塗料の『1液型』と『2液型』を比較しました。
2型液のほうが、1型液よりも3年ほど長持ちします。しかし、価格は1型液のほうが少し安く、リーズナブルに塗装をすることができます。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、ご自身に合ったタイプをお選びくださいね。

今すぐお電話をする