島田市の外壁塗装専門店がお答えします!耐用年数を長くする方法!

これから外壁塗装をお考えの方の中には、

「どうやったら外壁の耐用年数を長くできるのだろう?」
「耐用年数をきちんと延ばしてくれる外壁塗装業者はいるのかな?」

 

と疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は外壁塗装専門店がどうやって外壁の耐用年数を延ばしているか、またご自身で選ぶことができる耐久性の高い塗料はどれなのかをご紹介します。

 

【下処理をしっかりする】

下処理とは、塗料がしっかりと外壁や屋根に密着すように行う工事のことを指します。
例えば、前の塗料をしっかり剥がすように高圧洗浄をすることや、錆や剥がれている外壁の処理をしっかりと行うことがあります。
また、塗料がきちんと密着するようにつるつるした箇所をあえてざらざらさせるというようなことも含まれます。

 

これらのような下処理をきちんと行わなければ、数年で外壁が剥がれてしまったり、高級で高性能の塗料の機能を実感することができなくなってしまったりします。
外壁塗装の知識がない人が外壁塗装をしてしまうと、外壁にひびが入っているまま塗装をしてしまって家の腐食の原因が解決されないままになってしまいます。

 

外壁の耐用年数を高くするには、機能性のある塗料を選ぶことも大切ですが、下処理をきちんして塗料の性能を高める業者を選ぶようにしましょう。

 

【上塗りを三回以上する】

下処理と同じように耐用年数を延ばすために必要なことは上塗りを三回以上することです。
外壁に塗料を塗る時、下塗り、中塗り、上塗りの三行程行う必要があります。
塗料の種類に関係なく三度以上塗ることは基本です。

 

下塗り専用の塗料はシーラー、プライマーなどといわれる次に塗る塗料が定着しやすいようにするものを塗ります。
その塗料が乾いた後、その上から上塗り専用の塗料を二回塗ります。
その二回を中塗り、上塗りというのです。

 

【水性塗料よりも油性塗料】

耐用性を高めるためには、塗料を選ぶ必要もあります。
塗料には水性塗料と油性塗料がありますが、油性塗料を選びましょう。
油性塗料はシンナーの匂いが気になるという方もいらっしゃると思いますが、耐久性を重要だと思われるなら油性塗料にしましょう。

 

【まとめ】

外壁塗装を長持ちさせるためには、下処理や三回以上塗る外壁専門店を選ぶようにしましょう。
また、塗料の種類は油性塗料を選びましょう。
外壁塗装は、耐用年数が長ければ長いほどコストを抑えることができます。
一年でも二年でも長持ちする外壁塗装にできるようにご自身で選んでいきましょう。

今すぐお電話をする