島田市の外壁塗装専門店が解説します!水性塗料と油性塗料の比較!

これから外壁塗装をしようとお考えの方の中には、

「外壁塗装の塗料についてもっと知りたい」
「外壁塗装の水性塗料と油性塗料ってどう違うのだろう」

と疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は外壁塗装に使われる塗料の水性塗料と油性塗料についてご紹介します。

 

【塗料の成分とは?】

塗料に含まれている成分は、大きく分けて4つあります。

1.顔料・・・塗料に色をつけたり塗料に厚みを出したりする塗料の構成要素です。

2.樹脂・・・主に塗料の性能を決定する成分で、アクリルやシリコン、ウレタンなどの成分を含ませることによって塗料が変わります。

3. 添加剤・・・添加剤を加えることで塗料の性能を作るものです。塗料の腐食を防いだり、塗料を柔らかくしたりすることで塗料の性能を上げる構成要素です。

4. 溶剤or水・・・塗料を薄める役割のもの。壁に塗ることができるように加工するためです。塗装をしてしまったら、蒸発する成分です。

水性塗料か油性塗料かを分けるものは、4番の溶剤か水です。
巣性塗料の場合は塗料を薄めるために水を使いますが、油性塗料の場合は溶剤を使用します。

 

【水性塗料or油性塗料】

水性塗料にも、油性塗料にも良い点、悪い点がありますのでご紹介します。

・水性塗料の良い点

良い点は、環境や人間に優しいところです。
そのうえ、低価格であるため多くの現場で使われています。
また、匂いが油性塗料に比べて少ないので匂いが気になるという方にはおすすめです。

 

・水性塗料の悪い点

性能が油性塗料に比べて劣ります。
例えば、密着性が弱いことや、耐久性が製品によって大きく異なること、乾燥が遅く降雨時や冬季は乾燥が遅くなるため季節や天候を考える必要があることです。

 

・油性塗料の良い点

油性塗料は耐久性が高かったり、環境の影響を受けずに一定期間で乾燥したり、密着性が高かったりするなど、塗料としての性能が高いことが言えます。

 

・油性塗料の悪い点

性能が高い一方、価格が高いのがデメリットの一つです。
また、匂いが水性塗料に比べてきついので匂いに敏感な妊婦さんなどには不向きといえます。
また、取り扱にも細心の注意を払う必要がありますので、保管・廃棄にも気をつけなければなりません。

 

水性塗料にも油性塗料にもメリットもデメリットもあります。
これから外壁塗装をお考えの方は水性塗料、油性塗料どちらの方がご自身の住宅にあっているかをよく検討してから選んでくださいね。

今すぐお電話をする