島田市の方必見|外壁塗装の耐用年数を長くするためには?

「外壁塗装の耐用年数をできるだけ長くしたい!」
「そもそも耐用年数を長くするための方法ってあるの?」

そのような思いをお持ちではないでしょうか?

外壁塗装をする上で、やはり長持ちさせたいと思うものですよね。

 

そうはいっても、耐用年数を長くすることなんてできるのだろうかと考えている方もいらっしゃるでしょう。

実は、耐用年数を長くするためには施工工程に秘密があるのです。

今回は、外壁塗装の耐用年数を長くする方法をご紹介していきたいと思います。

 

□外壁塗装の耐用年数を長くするためには?

前述したように、外壁塗装に大きく耐用年数に影響しているのは施工工程に秘密があります。

では、実際に外壁塗装の耐用年数に大きく関係する施工工程について説明していきます。

 

*「下地処理」

下地処理には、「高圧洗浄」と「下地補修」の工程があります。

高圧洗浄とは下地処理の工程で最初に行うものです。
この工程では塗装面に付着しているホコリや汚れ、コケなどを綺麗にします。

そして高圧洗浄の次に行うのが下地補修になります。
下地補修とはひび割れにシーリングを充填し、剥がれた塗料の除去やさび止めの塗布などで下地を調整します。
この工程をすることで、塗料の密着性を上げることができるのです。

これらの2つの工程は塗料の耐久年数に大きく関係するだけでなく、美観性にも大きく影響するものになります。

 

*「三度塗り」

外壁塗装は一度全体を塗るだけでは紫外線や雨風に耐えられる塗膜は出来上がりません。

そのため外壁塗装では一度目が下塗り、二度目が中塗り、三度目が上塗りの「三度塗り」が基本となっています。

場合によっては、耐久性を求めるために三度塗り以上塗り重ねを行うこともあります。

この工程は外壁の耐用年数を長くするために必須の工程になるのです。
これらの施工工程を行っていない塗膜は耐久年数の期待できるものにはならないでしょう。
塗膜の耐用年数を長くしたい方は工程を守ってくれる優良業者に依頼するようにしてください。

 

□最後に

今回は、外壁塗装の耐用年数を長くする方法をご紹介していきました。

上記で述べたこと以外にも外壁塗装の豆知識として水性塗料よりも油性塗料の方が長持ちするという溶剤の種類にも着目してみると良いでしょう。

もし、外壁塗装を計画されている方がいらっしゃいましたら、耐用年数も長くするために「施工工程」「溶剤の種類」を参考にしてみてください。
弊社は塗装専門店としてデザイン性・質ともに高い外壁塗装を提供しております。お悩みの際はぜひご相談ください。

今すぐお電話をする