汚れが目立たない外壁の色と塗料をご紹介|島田市で外壁塗装なら鈴覚

「汚れがなるべく目立たない色で外壁塗装をしてもらいたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
汚れというのは時間が経つとともに蓄積していくものです。
どうせ塗装を施すなら汚れが目立たない方が良いですよね。
そこで今回は、汚れが目立たない色、目立つ色について説明します。

 

□なぜ汚れるのか

外壁の汚れの原因はさまざまです。
特に、砂やホコリ、車から排出されたガスによる汚れが一般的です。
日当たりの悪いところではカビやコケが発生して汚れる場合もあります。
何によって汚れているかということで汚れの色も変わってくるのです。

 

□おすすめの色

同じ汚れの度合いでも外壁の色によってその見た目はかなり変わってきます。
汚れが目立ちにくい色としてよく採用されるのはグレーです。
考えてみるとグレーの外壁の家やマンションは多い気がしませんか?
砂や土埃は薄い茶色や黄色、カビやコケは緑がかった茶色ですよね。
こういう色はグレーに付着しても目立ちにくいのです。
グレー以外にはアイボリーや薄めのブラウン・ベージュが挙げられます。
これらの色の住宅もよく見かけるのではないかと思います。
砂や煙の色と似通っているため汚れが付着してもあまり気にならずに済みます。

 

□おすすめしない色

汚れの目立ちやすい色と聞いて皆さんは何色を想像されますか?
まず挙げられるのは白色です。
外壁に塗装すればきれいに見えそうな白色ですが、非常に汚れが目立ちやすい色でもあります。
もうひとつ挙げられるのは黒色です。
白色に比べると汚れが目立つ印象はないかもしれませんが、この色も白色同様に非常に汚れが目立ってしまいます。
というのも、これらの色は汚れの色との色味の差が大きいからです。
雨だれの跡や黒ずみなどが目立ちやすいのです。

 

□汚れに強い塗料

汚れが目立たない色を選択するのも重要ですが、汚れに強い塗料を施すことも重要です。
親水性をもった塗料ですと、軽い汚れなら雨で洗い流されますし、光触媒塗料だと太陽の光が当たれば排ガスやホコリなどの有機物を分解してくれます。
また防カビ性をもった塗料もあり、カビが生えやすい外壁にはそちらを採用すれば汚れにくくなります。

 

□まとめ

今回は外壁の汚れが目立ちにくい色、目立ちやすい色について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
塗料のことで悩んでいることがあれば外壁塗装の業者に相談すれば解決するはずです。
外壁塗装を考えている方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

今すぐお電話をする