焼津市で外壁塗装する方必見!ツートンカラーの色の組み合わせ方とは

外壁にツートンカラーの住宅は個性を感じて素敵ですよね。
外壁塗装をご検討の方の中でも、ツートンカラーを考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、2つの色を使っているのでバランスの取り方が難しいのもツートンカラーの特徴です。
色の組み合わせ方を間違えてしまうと、後悔してしまうかもしれません。

 

この記事では、そんなツートンカラーの色の組み合わせ方についてご説明いたします。

 

□基本は同系色

ツートンカラーは同系色が基本です。
同系色にすることによって色がまとまっておしゃれな感じに仕上がります。

 

ベージュっぽい色ならそれに近い色と組み合わせるのがベターということになります。
ここに補色(反対の色)を持ってくると、色と色が主張しすぎてまとまりに欠けてしまいます。

 

□補色ならセパレーションカラーがオススメ

もし補色のような同系色ではない色を使いたい場合は、セパレーションカラーを加えると良いかもしれません。
セパレーションカラーとは色と色の間に入れる色のことを指します。

 

モノトーンのような主張しない色が基本で、これを入れると全体のバランスが取れるのでまとまりが生まれます。
同系色でも補色でも、色の使い方はプロに相談すると適切なアドバイスをもらえるので、使いたい色や仕上がりのイメージをどんどん伝えてみると良いでしょう。

 

□どう配色する?

まず3色までが色の数の限界です。
それ以上はごちゃごちゃしすぎてしまい、全体のバランスを取ることが不可能になります。
ツートンカラーで1番まとまりが生まれやすいのは、3種類の色を使うことです。

 

1色を70%ほどの面積に塗り、もう1色を25%ほどの面積に塗って、残りの1色で残りの部分を塗るとおしゃれに仕上がります。
この残りの部分を塗る色はアクセントカラーと呼ばれていて、外観のアクセントとなるようにわざと外した色を入れるのもオススメですよ。

 

□色の分け方は?

色の分け方は様々で、縦に分けるときもあれば横に分けることもあります。
もしくはベランダの部分だけ色を変えてみるのも良いので、家の形に最適な配色をすると良いでしょう。

 

□まとめ

この記事ではツートンカラーの色の組み合わせ方についてご説明いたしました。
ツートンカラーにする場合は同系色でまとめるのが基本で、そうでない場合はセパレーションカラーでまとまりを持たせるのがオススメです。

 

また、配色の比率や色の分け方についてもお伝えいたしました。
なかなか自分だけではわからないものなので、外壁塗装をツートンカラーにする場合はプロの業者に相談してみてください。

今すぐお電話をする