焼津市で外壁塗装をお考えの方必見|外壁塗装に使用される塗料の種類とは?

「外壁塗装をしたいけれど、どんな塗料を使うのが良いのか気になる!」
「自分の家の外壁にぴったりな塗料は何なのかな?」
そんな疑問を抱かれている方はいらっしゃいませんか?
今回はそんな方に向けて、外壁塗装に利用されている塗料の種類についてご紹介しようと思います。

 

外壁塗装に使用される塗料は、顔料・添加剤・合成樹脂の3つの成分が混ぜ合わさってできています。
主成分となるのは合成樹脂なのですが、この合成樹脂の種類には大きく分けて4つあります。
アクリル合成樹脂・ウレタン合成樹脂・シリコン合成樹脂・フッ素合成樹脂です。

 

この合成樹脂の種類は、塗料の耐用年数に関わってくるので塗料を選ぶときに大変重要になってきます。
それぞれの特徴を確認して、自分にぴったりな塗料を見つけましょう。

 

○アクリル系塗料

約20年前に発売されたもので、現在はあまり使われていません。
軽量で色をくっきり見せてくれる塗料で、コストがかからないメリットもあります。
しかし、紫外線に弱くて汚れやすく、耐用年数は4年と比較的短いのです。
「とにかく安い価格で塗り替えをしたい!」という方や、
「まめに塗り替えをしたい」という方にはおすすめの塗料です。

 

○ウレタン系塗料

アクリル系塗料と比較すると防水性に優れた塗料ですが、耐久性と性能はシリコン系塗料に劣ります。
柔らかい性質があって密着性に優れ、価格も比較的安いので、全体的にバランスのとれた塗料であるといえます。
万能塗料で細部の塗装にはうってつけです。
塗料のはがれが気になる方や比較的安価で外壁塗装をしたい方はウレタン系塗料を選ぶと良いでしょう。

 

○シリコン系塗料

耐久性がよく、仕上がりも良い、高い性能を誇る上質な塗料です。
耐用年数が13年と長く、コストパフォーマンスがよい点が評価され、現在一番人気の塗料です。
「費用対効果が高い塗料が良い!」という方にぴったりの塗料です。

 

○フッ素系塗料

東京スカイツリーの鉄骨塗装に使われるほど、持ちが期待できる塗料です。
耐久性にも防水性にも優れていますが、汚れやすいというデメリットもあります。
独特の光沢が美しいのですが、価格が高いので一般家庭ではほとんど利用されていないようです。

 

今回は外壁塗装に利用される、
アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料
この4種類の塗料をご紹介しました。
同じ塗料といえども、それぞれに特徴があることをおわかりいただけたでしょうか。
価格や耐用年数を考慮して塗料を選べば、最良の選択をすることができますよ。

今すぐお電話をする