焼津市にお住まいの方必見|外壁塗装の塗料の寿命って?

「外壁塗装の塗料の寿命ってどれくらいだろう…」
「塗料の種類ごとの寿命を知りたい!」

そのような思いをお持ちではないでしょうか?

皆さんの中にも、外壁塗装の塗料を選ぶ際の基準として寿命を重視される方もいらっしゃるでしょう。
確かに、塗り替えるには、費用と時間がかかるので寿命が長い塗料を選びたいですよね。

そこで今回は、外壁塗装の塗料の寿命について種類ごとに解説していきたいと思います。

 

□外壁塗装の塗料の寿命って?

外壁塗装の寿命は、塗料ごとに異なり、長くて10年~20年ごとに短くて3年~4年と塗り替えを考えなければいけない時期があります。

では、具体的な塗料の寿命についてご紹介していきます。

 

*「アクリル系塗料」:4~7年

耐久性はあまり高くはないもののコストパフォーマンスが高いです。

 

*「ウレタン系塗料」:6~10年

耐久性が比較的的安定しており、アクリル系塗料と同じくコストパフォーマンスが高いです。

 

*「シリコン系塗料」:8~15年

耐久性が期待でき、外壁塗装で最もよく使用されている塗料です。

 

*「ラジカル系塗料」:8~15年

耐久性が期待でき、2015年に発売が開始された新しい塗料です。

 

*「光触媒塗料」:10~15年

耐久性が期待でき、雨や太陽光によって塗膜の美しさが保持されるセルフクリーニング効果があります。

 

*「ピュアアクリル塗料」12~15年

耐久性が非常に優れており、防水性にも期待できますが価格が高いです。

 

*「フッ素系塗料」:15~20年

耐久性は非常に優れており、光沢感と防汚性にも期待できますが値段が高いです。

以上が挙げられます。
上記のような情報を見てもらえば、お分かりかと思いますが耐久性と塗料の価格は比例しています。
塗料を選ぶ際には、「価格は高いが耐久性は期待できる」「価格は安いが耐久性は期待できない」のどちらかになることが多いです。
よって、塗料を選ぶ際には、寿命を考慮して長い目で比較するのがおすすめです。

 

□最後に

今回は、外壁塗装の塗料の寿命について種類ごとに解説していきました。

ここで紹介した寿命通りになるとは限りません。
外壁は、紫外線や酸性雨、風を直接受けるなど、条件によって塗膜の寿命は短くなる可能性もあります。

よって、上記で説明した寿命に余裕があると考えていても、外壁の塗り替えが必要になる可能性も少ながらずあります。
もし。外壁の状態が気になるという方がいらっしゃいましたら、一度目視で確認してみると良いでしょう。

今すぐお電話をする