焼津市の外壁塗装専門店がご説明します!ツートンカラーの色の組み合わせとは?

外壁塗装をお考えの方の中には、
「そろそろ外壁塗装を考えているけど、気分を上げるために色を変えたい」
「そもそも外壁塗装の色ってどんなのがあるの?何色まで塗装ができるの?」

 

このように疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。
今回は、外壁塗装を思い通りに仕上げるために、色の組み合わせや、色を選ぶ際の鉄則などをご紹介します。

 

【同系色】

・二色の外壁

ツートンカラーを選ぶ際は、調和がとれた同系色を選ぶようにしましょう。
同系色の方が、家の雰囲気が落ち着いた印象になり、まとまって見えるので不自然さが感じられません。

 

・統一感

二色選んで見たけど、なんだか統一感がないと思っている方は、二色の間にセパレーションカラーを置いてみると、まとまって見えることがあります。
二つの色を調和させるために、あえて二つの色と全く異なる色を選ぶことがほとんどです。
また、セパレーションカラーは目立つ色は避けるようにしましょう。

 

【色の限度は三色】

カラフルな色が良いからとたくさんの色を選んでしまうとまとまりがなく、落ち着きがない家となってしまいします。
統一感を持たせるためには、三色が限度です。

 

それぞれの色の選び方はベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーにわけて選ぶことによってスムーズにそれぞれの色を選ぶことができるようになります。
ベースカラーは外壁全体の70%をしめる色です。

 

そして、アソートカラーは全体の25%を占めるカラーです。
そして、アクセントカラーは窓枠など全体の5%を占める色です。
それぞれの面積の分配と配色を考えることによってご自身の家がどのような印象を与えるか分かるようになります。

 

【色分けの種類】

色分けは、上下に二色分ける方法、縦に分ける方法、窓やベランダのでっぱりのみに色付けする方法などがあり、様々な方法で外壁の色を分けることができます。

 

【洋風の家を演出する外壁は?】

洋風の家に住んでいるという方は、洋風の外壁の色にしたいですよね。
洋風にするには、白をベースカラーとして、窓枠に赤や緑をアクセントカラーとする方法や、青や緑をベースカラーとすることで、オシャレでオリジナリティーのある優雅な雰囲気の家を建てることができます。

 

【まとめ】

外壁の色は10年単位のものです。
後悔しないように「これだ!」となった色にすることが肝心です。
色の選び方はさまざまありますが、最終的には何が自分たちの家にあっているかの相性だと思います。
ご自身に一番合っている色を選んでくださいね!

今すぐお電話をする