焼津市の方必見|外壁塗装におけるツートンカラーの色の組み合わせって?

「今までと雰囲気の違うツートンカラーで、おしゃれな外壁にしたい!」
「ツートンカラーの色の組み合わせのポイントって何があるんだろう」

そのような思いをお持ちではないでしょうか?

皆さんの中にも、今までは外壁全体の色が同じだったが雰囲気が違うツートンカラーにしようと考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

実際に最近では、「ツートンカラー」に塗り替える方が少しずつ増えてきています。

しかし、初めてツートンカラーにされる方は一度失敗したら塗り替えるのにもお金が必要になるので、どうしても不安になりますよね。

そこで今回は、外壁塗装でツートンカラーにする場合の色の組み合わせのポイントについて解説していきたいと思います。

 

□ツートンカラーの色の組み合わせって?

いざ、ツートンカラーにしようと考えていても、色の組み合わせに悩んでしまいますよね。
塗り替え後に失敗したと思ってももう手遅れになってしまいます。

では、色の組み合わせのポイントには、どのようなものがあるのでしょうか?

 

*同系色でまとまりを意識しよう

外壁塗装でツートンカラーにする場合は、同系色を選ぶことをおすすめします。
同系色にすることで、色相に類似性が感じられ、まとまりのある見た目になります。

しかし、どうしてもこの組み合わせにしたいという思いがあり、結果なかなかまとまらないという時には、2色の間に「セパレーションカラー」を入れると良いでしょう。

セパレーションカラーを入れることで色同士を分離し、強い印象を与える配色を和らげたり、反対に弱すぎる配色を引き締めたりと色の組み合わせを調整してくれます。

また、セパレーションカラーには目立つ色ではなく、できるだけ無彩色や低彩度色などを使用するようにしましょう。

 

*色の組み合わせは最大でも3色にしよう

皆さんの中にも、「洋服のコーディネートは3色におさえると良い」と聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これは、外壁塗装にも言えることで色の組み合わせは、最大でも3色までにしましょう。
色の数が多すぎると個々の色の主張が強すぎるため全体のまとまりがなくなってしまいます。

 

□最後に

今回は、外壁塗装でツートンカラーにする場合の色の組み合わせのポイントについて解説していきました。
今回ご紹介したポイントに加えて、実際に施工事例などを確認してみることをおすすめします。
もし、外壁をツートンカラーにしようとお考えの方は上記のようなポイントに注意しておしゃれな外壁を手に入れてくださいね。

今すぐお電話をする