焼津市の方必見|外壁塗装の塗り替えのタイミングの基準って?

「そろそろ外壁塗装の塗り替えを考え始めないといけないな…」
「外壁塗装の塗り替えのタイミングの基準ってあるのだろうか…」

そのような思いをお持ちではないでしょうか?

外壁塗装の塗り替えっていつ行うべきか分かりにくいですよね。

 

いざ、外壁塗装をしようと思っても、なかなか行動に移せず、先伸ばしにしている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ご自宅の外壁をよく見てみると塗り替えのタイミングになるサインが表れているかもしれません。

そこで今回は外壁塗装の塗り替えのタイミングの基準となるものをご紹介していきたいと思います。

 

□外壁塗装の塗り替えのタイミングの基準って?

外壁塗装は10年に1回行わなければならないということを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん、外壁塗装に使用している塗料や塗装箇所によって年数は変わるものの、10年に1回塗り替えをすれば大丈夫だろうと考えていると方も多いと思います。

確かに、目安として10年に1回が外壁塗装の塗り替えのタイミングと言われていますが、次のような症状が外壁に表れると塗り替えをおすすめします。

 

・外壁の汚れの付着や色あせが目立っている
・ひび割れや塗装の剥がれがある
・カビや藻が発生している
・鉄部のサビや腐食がある

 

このような症状は、目視するだけで確認できます。

しかし、目で見るだけでは分かりにくい症状があります。
それは、「チョーキング」という現象です。

では、チョーキングとはどのようなことなのか説明していきたいと思います。

 

□「チョーキング」は外壁塗装の塗り替えのタイミング?

壁にもたれかかったり、手が触れたときに、服や手に白い粉が付いたことがあるという経験はありませんか?

その原因は、外壁の劣化にあります。

チョーキングとは外壁の塗料が紫外線によるダメージを受けることで劣化し、外壁の表面に粉が吹き出す劣化症状のことを言います。

つまり、チョーキングは外壁の劣化を示すため外壁塗装の塗り替えのタイミングの基準になります。

チョーキングが表れても放置しておくと外壁を張り替えるメンテナンス方法以外選択肢がなくなってしまうことにもつながります。

チョーキングが表れた段階で外壁塗装の計画をおすすめします。

 

□最後に

今回は外壁塗装の塗り替えのタイミングの基準となるものをご紹介していきました。

もし、外壁塗装の塗替えのタイミングで悩まれている方がいらっしゃいましたら、上記のようなことを参考に一度外壁を見るだけではなく、触れてみて確かめてみると良いでしょう。

今すぐお電話をする