焼津市の方必見|外壁塗装の色選びの際に知っておきたい注意点とは?

「外壁塗装を考えているけど、どのような色にするべきなのだろうか…」
「外壁塗装の色選びで後悔したくない!」

このような思いをお持ちではないでしょうか?

 

外壁塗装を考えている方がよくお悩みのものの一つに、「色選び」があります。
外壁の色を変えたいと思っていても色選びに自信がなく、失敗したら余計に費用は掛かるし、外観も悪くなってしまうなどの不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

外壁の色は、建物のイメージを決める大切な要素の一つになります。
外壁の色を変える外壁塗装の色選びには、いくつか注意点があります。
外壁の塗り替えの際、色選びに失敗しないためにどのような注意点があるのか知っておきたいですよね。
今回は、外壁塗装の色選びの際に知っておきたい注意点について解説していきます。

 

□色あせが起こりやすい色に注意

外壁が色あせてしまった経験はありませんか?

その原因に、外壁の色が関係している可能性があります。
赤系の色は色あせが起こりやすく、反対に青色は色あせが起こりにくい傾向があります。

外壁塗装の色選びの際には、色あせが起こりやすい色があるということを覚えておくと良いでしょう。

 

□汚れが目立ちやすい色に注意

外壁の汚れは、どうしても避けることはできません。
白色や黒色のように汚れが目立ちやすい色を選んでしまうと外壁の汚れが目立ち、外壁の色がくすんでみえるため外観が悪くなってしまいます。

では、汚れが目立たないようにするには、どうすればよいのでしょうか?

一番簡単な解決策は、「汚れが目立たない色にする」ということです。
ベージュ系の色は汚れが目立ちにくく、景観との調和がとれやすいので人気の色です。

色選びの際は、汚れも考慮して選ぶと良いでしょう。

 

□周囲の景観に合うか注意

前述したように外壁の色は建物のイメージを決める大切な要素になるとともに、周囲の景観にも大きな影響を与えるものになります。

周囲の景観とかけ離れた色にしてしまうと近隣の住民から反感をかう可能性も少なからずあります。

このようなトラブルで費用がかかる他、近隣の方との関係が悪化する可能性があります。
できるだけ周囲の景観に合うように奇抜な色は避けることをおすすめします。

 

□最後に

今回は、外壁塗装の色選びの注意点について解説していきました。

外壁塗装の色選びで失敗することに不安を抱えている方は、是非上記のような注意点を参考にして、より良い外壁塗装にしていただければと思います。

今すぐお電話をする