焼津市|外壁塗装の色選びはどうしたらいい?注意点3つ!

外壁塗装をしようと考えている方の中には、色選びをどうすれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
外壁の色だけで家の印象はかなり違ったものになるので慎重に選びたいですよね。
色選びを間違えてしまうと、周囲の住宅と比べて浮いてしまったり、また想像したイメージと違tたりと後悔されるかもしれません。

 

この記事では、外壁塗装で失敗しないための色選びの注意点について3つご紹介いたします。

 

□外壁塗装の注意点3つ

実際にはどのような注意点があるのでしょうか。
それでは順番に見ていきましょう。

 

*注意点1 白色と黒色は汚れが目立ちやすい!

白色や黒色は汚れが目立ちやすいです。
白色の家は少しシミになっただけでも遠くからわかるくらい汚く見えてしまい、黒色は傷がつくと白くなったように見えるからです。
黒色は重たい印象になるデメリットもあるので、特にこだわりがなければ避けると良いでしょう。

 

また、白色にしたい方はクリーム系の塗料を選ぶと、汚れが目立ちにくいのでオススメです。
もしどうしても白色や黒色が良いという場合は、こまめなメンテナンスを心がけると良いでしょう。

 

*注意点2 周りの景観にそぐわないと浮いてしまう!

周りの景観にそぐわない色をしてしまうと、完全に孤立したように浮いてしまいます。
最悪の場合、景観が損なわれたと腹が立ったご近所さんとトラブルに発展してしまう可能性もあるので注意が必要です。
周囲の色がクリーム色や茶色の場合、ご自身の住宅の色だけ黄色や青にするのは避けた方が無難かもしれません。

 

また地域によっては景観の条例により色が制限されている場合もあります。
しっかりとお住いの地域の条例を確認してから色を選ぶと良いでしょう。

 

*注意点3 ビビッドカラーは色あせてしまう!

赤、黄色、青などのビビッドカラーは色あせが早いです。
なぜなら雨や風の影響で塗装が落ちやすいためです。

 

もし使いたい場合は、色あせを覚悟した上でやるか、塗り直しをこまめにやると良いでしょう。
ビビッドカラーを入れたい場合はアクセントとして小さい面積に入れるのも1つの手ですね。

 

□まとめ

ここまで外壁塗装の色選びの注意点についてご説明致しました。
白色や黒色、そしてビビッドカラーを選ぶときは注意が必要であることがわかりましたね。

 

また、色は自分の家だけでなく周りの景観との相性も大事です。
周囲を散歩して見たり、地域の条例をチェックしたりすると、景観に合った色が段々分かってくるかもしれません。
外壁の塗料に関してご不明点などがございましたら、お気軽に弊社までご相談ください。

今すぐお電話をする