焼津市 外壁塗装の塗料の寿命は種類ごとに違う?どれくらいなの?

「塗料ってどれくらい長持ちするの?」
「塗料の寿命について知りたい!」
このようにお悩みの方が多くいらっしゃると思います。

 

塗料の寿命を知っておかないと、塗り替えのタイミングを間違えたり、思ったよりもすぐに外壁が傷んだりしてしまうかもしれません。
実は、塗料は種類ごとに耐用年数が違います。
また、条件によっては塗料の寿命も変わってくるのです。

 

この記事では、外壁塗装に用いられる塗料の寿命についてご説明致します。

 

□塗料の一般的な寿命について

まずは塗料ごとに寿命が異なる点についてご説明致します。
塗料にはグレードがあって、グレードが上がれば上がるほど耐用年数は高くなると言われています。

 

*アクリル系塗料

アクリル塗料の耐用年数は4年から7年です。
すぐに塗り替える方にオススメできます。

 

*ウレタン系塗料

ウレタン塗料の耐用年数は6年から10年と言われています。

 

*シリコン系塗料

シリコン系塗料は8年から15年は塗り替えなくて良いです。

 

*フッ素系塗料

フッ素系塗料は15年から20年は塗り替えなくて良いと言われています。
主要な塗料の中ではもっとも寿命が長いですね。

 

□条件によって塗料の寿命は変わる

先ほど一般的な寿命をご紹介いたしましたが、条件によっても塗料の寿命は変わってきます。
それでは、どのような条件の時に寿命が長くて、どのような条件の時に寿命が短くなるのでしょうか。

 

*寿命が長引く条件

寿命が長引く条件は施工にあります。
つまり、外壁塗装の業者が細部までこだわってしっかりと塗装を仕上げると、塗料の寿命は長くなるのです。

 

また、住宅の外壁と塗料との相性が良いと、塗料が剥がれにくいので長持ちしやすくなります。
ご自身の住宅の壁がどの塗料と相性抜群なのかは、専門の業者の人間に聞いてみると良いでしょう。

 

*寿命が短くなる条件

湿度の高い地域や、雨や日光によく当たる地域は寿命が短くなってしまいます。
もしそのような場所に家を建てる場合、周りの風通しを考えるだけでも寿命を伸ばすことができるでしょう。

 

また、業者による塗装がいい加減であったり塗料と外壁の相性が悪かったりすると寿命が短くなるので注意が必要です。

 

□まとめ

この記事では一般的な塗料の寿命と、条件による塗料の寿命の変化についてご説明致しました。
寿命が長くなる条件で述べましたが、特に塗装業者による施工が塗料の寿命に大きく関わってきます。

 

もし悪徳業者に依頼してしまうと、水で薄めた塗料を使ったり、いい加減な塗装をしたりして、塗料の効果を発揮できないことがあるので慎重に選ぶと良いでしょう。

今すぐお電話をする