知っておくべき塗料の耐用年数|焼津市で外装塗装をお考えの方へ

外壁塗装をお考えの方、ちょっとお待ちください!
外壁塗装は使う塗料によって耐用年数が変わることをご存知ですか?
お金を払って外壁塗装を行うのだから、耐用年数はできるだけ長い方が良いですよね。
本記事では、塗料によって違いが出る耐用年数やその効果について解説いたします。

 

□耐用年数とは?

そもそも塗料の耐用年数とは何なのでしょうか。
耐用年数とは、各メーカーが示している塗料の耐久性を保っていられる年数を表したものです。
つまり、塗料の耐久性には限りがあるということです。
また、耐用年数が長ければ長いほど建物における外壁塗装の回数は減ることになります。

 

□塗料によって異なる耐用年数

こちらでは外壁塗料に主に使用される塗料のうち、耐用年数の違いをその効果と共に解説いたします。

 

*アクリル 4〜7年

アクリル塗料はアクリル樹脂を主成分とした塗料です。
耐久性はそれほど高くなく、汚れもつきやすいので、最近ではあまり使用されなくなりました。
しかし安価であるので、短期間で何度も外壁を塗り替え、様々な色を楽しみたいという方にはおすすめの塗料です。

 

*ウレタン 6〜10年

ウレタン塗料はアクリル塗料と比べると耐久性が高いですが、下記でも紹介するようにシリコン塗料と比べると価格はあまり変わらないにもかかわらず、耐久性や防汚性の面で劣ります。
そのため、近年ではこちらもあまり使用されなくなりました。

 

*シリコン 8〜15年

汚れや色落ちに強く、現在、住宅の塗装に最も普及しているのはこのシリコン塗料と言えます。
ウレタンと価格があまり変わらないにも関わらず、耐久性に優れていることから大変人気の塗料です。

 

*フッ素 15〜20年

フッ素を原料とする塗料は、一般的に使われる塗料の中で耐久性がトップレベルです。
ですので、家を長期的に保護したい場合によく使用される塗料です。
耐候性や耐熱性にも優れていますが、効果が高い分価格も高額になっています。

 

*ピュアアクリル 12〜15年

上記でアクリル塗料についてご紹介しましたが、最近では新しい技術によって新たにピュアアクリル塗料という種類の塗料が開発されました。
ピュアアクリル塗料は従来のアクリル塗料と異なり不純物が含まれておらず、耐久性に優れています。
また防水性にも優れており、耐用年数も他の塗料と比べて長い点が特徴です。

 

□最後に

こちらでは外装塗装において主に使用される塗料の耐用年数とその効果について解説いたしました。
どの塗料を使うかによって耐用年数に違いが出ることをお分かりいただけましたか?
ご紹介した以外にもたくさんの塗料があります。
外装塗装をお考えの方はぜひこれらを参考にしてご自身のお家にぴったりの外装塗装をしてくださいね。

今すぐお電話をする