艶あり塗料と艶消し塗料の特徴を比較|島田市で外壁塗装をするなら

みなさんの中には、「塗料の艶ありと艶消しの違いがよく分からない」という方も多いのではないでしょうか?
艶があるかどうかといった違いがあるというだけでなく、様々な違いがあります。
今回は、2つの塗料効果やメリット・デメリットを紹介しながら比較していきます。

 

□艶とは?

艶というのは塗料を塗った時にピカピカと光り、見た目が良いという特徴のことを指しています。
光沢度が70以上備わっているの塗料のことを「艶あり」と称します。
そこから「7分」「5分」「3分」「艶なし」の順に光沢度が減っていきます。

 

□艶の効果

艶の効果はもちろん一番は光沢感を出せるということです。
光沢感を出すことで新築のように建物が綺麗に見えるという効果もあります。
1〜2年ほど耐久性が高くなるという効果もあり、劣化しにくいという特徴もあります。

 

□元々は艶あり塗料

艶消しと艶ありは元は同じものとなっています。
全く塗料の成分が異なっているという訳ではなく、艶あり塗料に添加剤を混ぜ込むことによって艶が出ることがないように調整しているのです。
完成した塗料にわざわざ添加剤を加えているので、塗料の劣化度合いや耐久性が本来の塗料よりも低くなってしまうという訳です。

 

□メリット

*艶ありのメリットとは

・ピカピカで新築のような仕上がり
・汚れがつきにくい性質
・劣化しにくい性質
・塗料本来の効果を十分に発揮できる
などがあります。

 

*艶消しのメリットとは

・落ち着いた仕上がりを演出できる
・高級感を演出できる
・周囲の景観と調和できる
・艶の度合いを調整できる
などがあります。

 

□デメリット

*艶ありのデメリットとは

・艶が2〜3年ほどでなくなってしまう可能性がある
・光沢度を調整することが難しい
・安っぽく見える場合もある
などがあります。

 

*艶消しのデメリットとは

・耐久性が低くなる可能性がある
・劣化が早くなる可能性がある
などがあります。

ピカピカとした風合いを希望するという場合は、艶あり。落ち着いている雰囲気を希望する場合は艶消し。耐久性や綺麗な状態を保ちたいという場合は、艶消しの方が無難です。
ご自身が求める要望も踏まえ、より要望に沿った塗料を選んでいきましょう。

 

□最後に

今回は、2つの塗料効果やメリット・デメリットを紹介しながら比較しました。
これらの内容を踏まえながらよりご自身の要望にあった塗料を選んでいきましょう。
塗料選びをする際は、ぜひ今回の記事の内容も参考にしてみてください。

今すぐお電話をする