おしゃれな外壁塗装工事の流れ

塗りかえ鈴覚が行っているおしゃれな塗装工事の流れ

 塗りかえ 鈴覚では、行程の進捗がお客様にもわかりやすいよう、施工の流れを細かく写真に収めています。

 建物の形状や使用する材料により施工の流れが変わることもありますが、スタンダードな流れをここで紹介します。通常一番大事とされている行程ですが、職人としてはあたりまえのことで、施工後の耐久性の質に影響がでます。管理というよりも、お客様への思い出のプレゼントと、安心を含めて写真に収めていきます。

①まずは、初回訪問(現地調査日)を一緒に決めましょう。

「はい。お電話ありがとうございます。塗りかえ鈴覚でございます♪」

現地にて建物の調査に伺う日程をご連絡いたします。 調査には基本的には立ち合いでお願いをしています。しかし、お仕事の予定などで、不在が多く 立ち会うことが難しい場合は、調査に伺う日時と時間をお伝えさせていただきます。

②そして、『プロのお住まい診断』をしてもらいましょう。

この時には、しっかりと親方にご希望やご不安な点などをお話しくださいね。

建物の調査ですが、外壁塗装を考えていて、屋根が塗装不要の瓦であっても建物全体の調査として いますので屋根の調査も同時行います。雨漏りの原因調査も含め、防水仕様となるシーリング、 バルコニーの床、笠木なども含めて診断をしていきます。

③あなたのお住まいにピッタリ合ったお見積プランを受け取りましょう。

ご希望に沿った適正価格のお見積なので、自然と夢が膨らみます。

お客様のの要望と建物の劣化状況に合わせたプランを作成します。 耐候年数、遮熱、断熱、抗菌等の塗料の性能も含めた見積りの作成を行います。 見積りの提出は調査診断の説明と一緒にさせていただきます。

④そして、ご契約。おめでとうございます!

ここから、新しい人生がスタートしますね。

不安と期待。高額な塗装工事ですから誰もが同じ心境です。塗装工事などできればさけて通りたい 物でネガティブな印象が強いのですが、塗装することで楽しみや期待、変化などのポジティブな 事に変えたいと思って毎日作業しています。楽しみにしていてくださいね

そして、『いよいよ感動の塗装工事が始まります!』
と言いたいところですが…

⑤事前お打ち合わせで『塗装デザイン』を決めましょう!

ご希望にあわせて、素敵なデザイン「エゴイストライン」もご提案いたしますよ♪

外壁と付帯部の色を決めて色彩の配置と全体の色をバランスよく配色する提案をします。 色の切り分け方では思いも付かなかったデザインをすることもできたりします。 基本的にはお客様のイメージに色彩の助言をさせていただくスタンスですが、建物の可能性を引き出す デザインのご提案をできます。トーン調整や仕上がりの艶等考えることが多いですが,塗装が楽しみに なります。

⑥工事前の近隣ご挨拶をさせていただきます。

会社の概要と工事の説明、工事期間等を含めて近隣の皆様に挨拶に伺います。 ご不在の場合でも、わかりやすく紙ベースで、工事の期間と会社の説明や工事の内容が記載された 物を投函します。もちろん直接会って挨拶すことが前提としています。 足場架設、車両の導線についての説明など、工事の始まる前に了承を頂き、スムーズな工事になる ようにするためには挨拶は大切にしています。

⑦会社では、道具・材料の積込み・準備をします。

道具は種類が多いので、確認が必須です。

 その日の行程に合わせて必要な道具や材料が変わってくるので、前日のうちに、道具の準備と材料の確認をしておきます。
 車に積込みをする際には、出来るだけ整理整頓をして、荷台をお客様が見たときでも不快感を持たれないようにしていきます。もちろん荷台だけではなく、車内を常に綺麗にしてから現場へとむかいます。

⑧ちなみに、倉庫はこんな感じです。

几帳面な職人さんの一面が見えますね。

 倉庫でも同じことですが、いつだれに見られても恥ずかしくないように、綺麗に整理整頓をしています。ペンキの缶は飾りのように綺麗に並べて置き、どこにどのペンキがあるのかをわかりやすいようにしています。
 道具もそうですが、消耗品などは在庫の管理を担当制にして、無駄のないようにしています。道具の手入れ刷毛などは常に行い、綺麗にしておくことが一流の職人だと考えております。

⑨こちらのきれいな作業車で、お宅へお伺いします。

車は会社の顔の1つです!

 トラックには会社の名前が入っています。だからこそ、いつも誰かに見られていることを意識した運転をするようにしています。交通マナーをよく理解し、安全運転を心がけています。
 トラックのような作業車は、どうしてもペンキで汚れてきてしまうので、綺麗に掃除をしたり、トラックを自分たちで塗装して綺麗にしています。

スズカクさん

車の駐車の仕方について
 工事車両の駐車は、お施主様の敷地があれば邪魔にならなように整列して止めるようにしていますが、駐車スペースがなく、仕方なく路上の隅の駐禁ではないところに置くこともあります。出来るだけそのようなことのないように、駐車スペースを借りるようにしていますので、邪魔になるようなことはございません。ご安心ください。

⑩足場組前に、まわりの環境の事前調査をします。

 足場組み立ての前に、建物周辺に置いてあるものを避けて片付けるお手伝いもさせていただきます。大切にしている植木や花壇を汚したり、踏んでしまわないように事前に確認をします。
 ペットを外で飼われているお宅も多く、ペットたちのストレスに出来るだけならないように配慮します。

スズカクさん

足場組みの際に、塗替え鈴覚(スズカク)が気をつけていること!

①近隣との境目によくあるのが、建物が敷地いっぱいになっていて、足場を塀の上に乗せる施工になったり、お隣の土地の中に入れさせてもらうしか方法がない場合もあります。
 そのような場合には、スズカクからお隣様へ、優しく丁寧にご説明を差し上げて、塗装工事にご協力していただけるようにお願いをいたします。

②花壇や野菜作りが趣味の方も多く、そのような場合には、足場を組むことで、草花を踏んだりしないような施工を考えます。花壇や野菜への日当たりもできるだけ配慮をして、塗装工事中にも、お客様が普段通りに生活できるように、最善な方法をとるよう努力いたしております。

⑪そして、足場を組み立てます!

 足場架設の際には、安全面には徹底した工事を行います。足場の倒壊、落下などで、怪我人が出ることのないように配慮した工事をしています。塗料の飛散、工具の落下により、近隣に迷惑とならないように防止ネットで足場を覆います。

⑫高圧洗浄で長年の汚れを取り去ります!

 足場の組み立てが終わると、次に高圧洗浄を行います。壁についたコケやカビ、塗膜のチョーキングなどを綺麗に洗浄していきます。高圧洗浄をきっちりやることで、塗装の仕上がり品質に差が出ます。ガラス窓や網戸、レール、サッシなどに溜まった汚れも外壁の洗浄と同時に行い、綺麗に洗い流しますので、気分もすっきりします。後の塗装の品質が最高になるように、丁寧に洗っていきます。

 洗浄前に、まずはバイオ液により苔、カビを根っこから浮かせるために液体を塗りこみます。それから、一定時間の後に高圧洗浄により、汚れを洗い流します。圧力は1K~1.5Kですが外壁の建材の劣化状態や材質によって対応しています。

土間洗いサービスも実施しています!

 敷地の中に土間や塀があるお宅では、建物の洗浄が終わった後に、ついでに土間を洗浄をさせていただいております。

 土間にはコケやカビがついていることも多いため、高圧洗浄をするとビックリするほど綺麗になりますので、なんなりとお申し付けくださいね!

⑬養生を行います。

「養生次第で仕上がりの良し悪しが決まるほど重要なんです。」

 開口部のサッシ窓、屋根、霧除け天板、縦樋、ベランダ手摺り、玄関、瓦屋根、土間など、塗装を行わない箇所において、塗料の飛散を防ぎ綺麗に残す事をメインとする作業です。塗装しないサッシと外壁との切り際、軒天井と外壁などに綺麗な直線を養生で作ります。養生の出来で塗装の直線美がでるので、とても大切な作業です。

カーシート養生

 塗料が大切な車に飛ばないように飛散防止ネットをしていますが、お車にはやわらかい布でできたカーシートをかぶせてお車への塗料の飛散を防止します。

 もちろん、近隣の方のお車にも飛散の可能性があるときは一時移動をお願いするか、同じくカーシートをかけさせていただき、養生をいたします。

電気盤の養生

 電気盤は本来、塗ってはいけないものとされています。

 ただ、前回の塗替え時に塗装してしまっているケースが多くあり、その場合は塗装するようにしています。電気の検診がいつ来るか分からないので、ビニール養生は検診に来た方がメーターを見やすいようにしています。

給湯器、室外機の養生

 ガスの給湯器は、中でお湯を使うと熱を持ち危険なため、養生はすべて覆わずに、熱を持つ部分を避けて養生します。

 同様にクーラーの室外機も熱風が出てくるため、通風が出来るカバーをかけるなどして対応し、普段通りの使用方法を考えて養生しています。

スズカクさん

季節ごとの養生・プロの工夫!

 例えば、夏場の窓養生。窓全部を覆ってしまうと風が入らず室内が暑くなってしまうため、窓をすべて覆わず、窓の上に笠のように養生を作り、窓の開け閉めを普段と変わらず出来るようにしています。

 また、お風呂場やトイレなど換気が必要な窓もすべて覆わず、養生に穴を作るなどして換気をできるように工夫しています。
 一方では、冬場は、風などで養生がめくれると音が出るので、やや頑丈に養生を貼っていきます。

 一言に「養生」と言いましても、このような小さな工夫を凝らしながら行っているんですよ。

⑭シーリング

 お家を守るためキレイにきっちり行います。

 シーリングとは、外壁のサイディング板の貼り合わせにできるスペースに、水が入らないようにするために使用される防水材です。また、サイディング板同士が躯体の揺れにより、接触しないための機能もあるため弾力がある材料を使用します。

 例えば、笠木のつなぎ目などは、いつの間にかシーリングが切れていたために雨漏りを起こしていることがあります。シーリングは万能な方法ですが、基本を逸脱すると逆効果になることもあり、余計に雨漏りを引き起こす原因となりますので、基本に忠実に作業を行っていきます。

⑮鉄部をケレン・サビ止めを行います。

 ケレンとは鉄部、木部、硬質プラスチックなどに塗料の密着性が良くなるように、素材表面にヤスリや工具を使って傷をつくる作業のことを言います。ケレン作業はとても重要であり、塗料の塗布量の確保にも影響がでるために高耐候性にするためにはしっかりとした作業が求められます。

⑮下地調整を行います。

 モルタル壁やサイデイング板の亀裂に対してパテ処理、充填処理、まし塗り処理鉄部のケレン処理の後のパテ埋め処理、錆部分に対してのまし塗り処理等の塗装の下塗りをする前に素材に対して綺麗な塗装ができるように補修処理を行うことです。

⑰『下塗り作業』を行います。

お化粧の下地同様、基礎が大切です♪

 料理は下ごしらえ、化粧は下地からと同じように、塗装も「下地塗り」が勝負になります。ここで妥協した作業を行ってしまうと、仕上がりの美観や耐久品質に影響します。

 下塗りは下地となる壁の強度を上げる効果があり、中塗り塗料の定着をよくする効果もあります。また、下塗りは「錆止め」「弾性フィラー」「プライマー」に分類されますが、サイディング板、モルタル壁、ガルバ二ウム合板、使用されている素材や前回の塗装の塗膜状態によって、最適なものを選定します。

⑲下塗り材作業を行います。

「仕上げの美しさを出すためには、下塗りが大事。」

 下塗り材は、建物の部位に使われている建材の材質や前回の塗装で使用された状態を見て、材料の選定をします。
 例えば、金属部の塗装は錆が出てくるのを防ぐために「錆止め」を塗装します。一般的には『上塗りに高耐久性能の塗料を塗れば長持ちする』と思われがちですが、錆止めの材料の性能が低ければ、中から錆が出てきてしまい、いくら上塗り材に高性能の塗料を使用しても無意味となってしまうことだってあります
 これは錆止め材のことだけではなく、下塗りプライマーやフィラーでも同じことが言えます。

 また、「下塗り材」と言っても、いろいろな種類のものありますので、塗る部位の前回の塗装からの劣化状態によって判断し、材料を選定することが長持ち塗装には極めて重要です。

⑱付帯部(木部)塗装を行います。

木は塗装で蘇ります。

 玄関の柱や天井・軒天井・羽目板・格子・内部床や枠など、日本建築の和風のお宅には「木」が多く使われています。(金年では和風建築は減ってきてもおりますが・・)
 本来、木は年数をかけるとだんだんと黒くなっていくものですが、塗装で新築の頃のような色に戻すことができます。
 黒く出たカビを薬品で落し、ほこりや前の着色材をブラシでこすり落とし、木本来の伏し目を蘇らせていきます。(ただし、前回の塗替えで濃い着色材で塗装していると、元の木の風合いを出すのは厳しくなってしまうケースもありますので、木部塗装には経験と知識による技術が必要になるのですが・・・)

 建築物において、建築物本体と切り分けられる部位の塗装(軒樋・竪樋、破風板・鼻隠し、天井、雨戸・戸袋、帯、庇、水切り)屋根・外壁を塗装は主としていますが付帯部の塗装も美観にはとても重要で、屋根・外壁と同様に耐候性を合わせることが望ましいです。付帯部は面積量は主とする屋根・外壁よりも少ないのですが、細かな作業で職人の技術の力量がわかる所でもあります。

⑳そして『中塗り作業』を行います。

完成に見えますが、まだ仕上げでは無いんですよ♪

 下塗りが完了すると、いよいよ中塗りです。
 中塗りでは実際に仕上げる塗料を使い色も含めた確認と、外壁に塗料を規定量定着させ、下地処理と下塗りによる外壁の確認を行いながら塗装をします。ポイントは塗布量で、中塗りの段階で塗料に予定された色を塗っていきます。色を着けるためではなく塗膜をきっちりと造ることが大切ですまた、イメージした色味であるかを確認するのもこの段階では大切です。

 三回塗りと言われていたのに、実は二回しか塗られていなかったために、耐久性が最初の説明より短くなるということが時々起きているのは、この中塗りが上塗りと同色であるがために、ごまかしがしやすい、もしくは、見落としもしやすいためです。

 このようなことを防ぐためには、中塗りを上塗りと違う色に指定することが予防策となりますが、コストがかかるため自社職人を抱えていない業者は嫌がる傾向にあるようです。
 一方で鈴覚では、10年に一度の外壁塗装工事でお客様に感動を提供したいと考えているため、よからぬ箇所でご不安な思いをさせないためにも、中塗りと仕上げ塗り(上塗り)は別々の色を使用するようにしていますので、ご安心くださいね。

㉑色替え

 色替えで一番多いのが、外壁の二階と一階の色を分けて2トーンにする一般的な色分けです。
 その他にも、塗替え鈴覚では、①縦割りにしたり、②玄関の一部の外壁だけ色分けをしたり、③ラインを入れたり、3色使ったり、いろいろなデザイン塗装ができます。
 どんな形の住宅や建物にも必ずポイントとなる長所がありますが、長所を引き出すように色分けをすることで、より高級感を表現するデザインにしたり、おしゃれなデザインにできたりします。
 詳しくは、お打ち合わせの際に『エゴイストバインダー』でご覧いただくか、こちらから弊社の施工事例をご覧ください。

㉒いよいよ『上塗り(仕上げ塗り)作業』を行います。

 上塗りは最終の仕上げの塗装です。『中塗りと同じ色で塗っているのに、塗った場所がよくわかりますね?』と質問をいただくことがあるのですが、通常では塗料は乾いた状態の色と液体の状態の色とでは少し違っていて、液状の時の方が色が薄くなって見えるのです。
 なので、塗っている場所が判断できるようになっています。ただ乾いてくると、色では判断しにくくなってくることもあるので、外壁の面ごとに仕上げていく行くようにしていきます。

 また、塗りかえ鈴覚では、中塗り段階から塗料の塗布量を職人が計りながら塗装工事をしているので、しっかり塗れているのかそうでないのかは、塗料の分量を見ながらも確認ができるのです。(その上で中塗りと仕上げ塗りは、似ているけど若干違う別の色を使用しているのです。長年の技術による経験と、計算による理屈が重要です。)

 そうすることにより、仕上がりの艶が艷やかに美しくなります。そして、耐久性においても、塗料の性能どおりのパフォーマンスを発揮することが出来るようになるのです。

㉓仕上がりと工事完了の検査を行います。

 屋根・外壁にの面積に対する材料の塗布量に関する積算、色分けによる塗料の飛び散りや塗り忘れ、テープ、養生、シート等の撮り忘れを最終段階で確認作業を行います。基本的には担当職人と別親方の2重チェックにて確認を行い、積算シート記載を作成し各現場の状況を社員全員で把握し確認を行います。

㉔完了報告前掃除

 塗装の確認が済んだあとは「掃除」(完了宝報告前清掃)となります。
 養生をしていても夏場などは開口養生をしていることもあり、細かい塗料が飛んでサッシについてしまっていることもあります。
 また、テープの隙間に塗料が入ってしまっていることなどもあるので、よく確認して掃除をしていきます。土間やフェンス、カーポートなど建物の下にあるものには特に塗料が飛んでいることもあるので、しっかり確認して掃除します。(上写真では掃き掃除ですが、部分・部分においては拭き掃除もします)

㉕足場解体をします。

完了検査が終了するまで足場は解体しませんのでご安心ください。

 綺麗に仕上がった建物を汚さない、傷つけないように足場を解体します。安全面、倒壊等に最善な気配りを行い、迅速に足場を解体します。足場の解体後最終確認の点検を行います。

㉖完了報告。そして、お客様と一緒に喜びます!

職人もお客様も素敵な笑顔です♪

 完成後のお客さんの笑顔、ありがとうの言葉が塗装職人をやっていて本当に良かったと思える瞬間です。イメージ以上、期待以上の出来栄えの仕事を残していくのが本当に誇りに感じます。次は10年後、その時は今以上にレベルアップしていきます。

㉗ご入金

 お支払は出来るだけ振込をお願いしております。塗替え工事は高額なために、現金の紛失があっては綺麗にしたのも台無しになってしまいます。どうしても現金にこだわりがある方は、すぐに受け取りにいくようにさせていただいていますので、ご安心ください。

㉘アンケートのご記入

 これから次の塗装工事までのお付き合いの始まりです。アフターケアのためにもしっかりとご記入してくださいね。

 塗装とは、お家の保護と美観が揃うことが本来の姿です。
 塗りかえ鈴覚では、塗装工事の基本工程どおり忠実に作業を行うことを大前提として、お家の可能性を最大限に引き出すデザイン塗装提案を心がけております。「次の塗装工事は、ふつうの塗替えではイヤ」「塗装工事で人生の思い出をつくりたい」「平凡な毎日を変えてみたい」という方は、ぜひ、塗りかえ鈴覚のデザイン塗装をご体験ください。後悔は絶対にさせません。

今すぐお電話をする