基本に忠実な本物施工法:PPS

全塗装サービスが保証制度つきのパッケージプラン

塗りかえ鈴覚では、塗装工事はお施主様の意思の延長線上で行う『サービス』であると心得、以下の5つの点から品質の良い塗装工事を常に心がけています。そしてそれを『PPS-Premium Paint Service(プレミアム・ペイント・サービス)』(C)と名付け、全ての塗装工事を保証つきのパッケージプランというサービスとして提供しています。

PPSとは、日本建築塗装職人の会で定めた業界基準の住宅塗装パッケージであり、規定の教育を受けた塗装技術者のみが活用することができるパッケージ名称です。最近、小規模塗装店様などによる類似名称なども見かけますが、似て非なるものですので、くれぐれもご注意くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

1.基本の調査診断

 屋根・外壁の診断では、使用されている建材の材質と施工方法の特性を理解していることが重要になります。(在来工法・枠組工法・鉄鋼造・RC造)さらに外壁の仕上げに湿式工法・乾式工法では塗料の選択、特に下地処理、下塗りの選定が変わるため、知識と経験が必要です。
 近年の使用では、湿式・乾式工法どちらでも通気工法が取られていうのが必須ですが、少し前の建物では直貼り工法を取られてしまっているケースもあり、塗装では十分な解決策に至らないケースも見られます。塗装リフォームは、実は、構造体の特性や屋根・外壁の仕様や工法を理解せずに行われることも多くあり、塗装の一級技能士では塗装の技術、知識の試験では有効であっても、これら構造や使用工法に対する知識を学ぶ機会がないため対応に不十分なことも出てきます。

 塗装の調査診断では建築士資格が必須であり、又は十分な知識と技術の教育を受けた者が診断を行い、施工計画をすることが工事の成功に違いが出ています。

2.自社育成職人の自社施工

 自社育成で大切にしていることは、精神性と技術の心技体です。
1.義、2.勇、3.仁、4.礼、5.名誉、6.誠、7.忠義

◆確かな塗料選定と、基本に忠実な本物施工法
 屋根・外壁の耐久性を上げる工法として、3層塗膜方式で施工することにしています。1層目の下塗りで、従来ではシーラー・プライマーと言われる材料を塗装し、中塗りでの塗料の密着性、定着をよくするために使用しますが、従来のシーラー・プライマーには、耐候性の機能は皆無でした。
 しかし、最近の浸透型造膜プライマーでは下塗りの段階で塗料の密着性と定着の向上、さらに塗膜の形成がされ、耐候性を持つ下塗り材があります。これにより中塗り・上塗りの塗膜のみで耐候性を保持してきた旧来の工法とは変わり、下塗り、中売り、上塗りの3層の塗膜による耐候性アップを行う塗装ができます。ウレタン、シリコン、フッ素、無機、断熱など主となる材料のみで、耐候力を期待すだけではなく、隠れてしまう下塗りの塗料に耐候性を加えるこだわりの塗装工法として3層塗膜工法にこだわりを持っています。

3.長持ちプラン提案

 お客様の要望と建物の劣化状況に合わせたプランを作成します。耐候年数、遮熱、断熱、抗菌等の塗料の性能も含めた見積りの作成を行います。

基本プラン
屋根ウレタン外壁ウレタン付帯部ウレタン耐用年数5~8年
屋根シリコン外壁シリコン付帯部シリコン耐用年数7~10年
屋根フッ素外壁シリコン付帯部フッ素耐用年数7~15年
屋根フッ素外壁フッ素付帯部フッ素耐用年数10~15年
屋根無機外壁無機付帯部無機耐用年数18~20年

 見積りの提出は調査診断の説明と一緒にさせていただきます。

4.美しいデザイン塗装

 デザイン塗装という言葉はあまり聞きなれないと思われますが、今後は主流となっていきます。屋根・外壁の塗装において最も重要視されているのが『耐久性』ではないでしょうか?たしかに建物を守るのですから重要です。
 しかし、耐久性を保持するだけならどんな色で、とにかくしっかり塗ってあれば良いいわけでもないはずです。耐久性とは建物の保持の耐久性と建物の年代を感じさせないデザインの耐久性もあるのです。
 近年の建築様式は様々で、目新しい建物は新しさを感じさせ、建物の形、素材、色彩のプロデュースにより演出されています。築25年、家は古いからとあきらめることはありません。どんな時代に建てられた建物でも必ず良さがり色彩の使い分けにより思いがけない変化をすることができます。
 デザインと聞くとセンスの良さなどと思われる方がいます。しかし、デザインとは学問であり、センスで行うことではありません。デザインの理屈を知っているからこそできることであり、加えて想像力が必要ですが顧客様の要望を聞きながらデザインの助言をさせていただきます。

SUZUKAKUデザイン保証

 いつまでも美しくあるために、ちょっとおしゃれに、と考えSUZUKAKUブランドではカラーシミュレーションをお客様のイメージに一番近いものに再現いたします。
 他にはないたったひとつの作品を作るのに、ヒアリングはとことんおつきあいします。
 また現場施工中でもイメージの変更のご相談もお受けいたします。

5.大満足のアフターサービス制度

 塗装工事後、給湯器等の設備の交換が行われた際に既存設備と新たに取り付ける設備のサイズ違いから塗装できない箇所が現れた。シーリングの上に塗られた塗膜が振動の追随によって負けてしまい塗膜が割れてきた。など、基本施工で本来生じないのですが、アフターサービスにて対応をしています。

現在は『大満足保証制度』として以下の保証制度をご用意しています。

 私たちは、本物の職人仕事にこだわりを持つ職人直営専門店。しかし時代の流れに柔軟な発想を取り入れながらも、思いやりの精神を常に胸に刻んでいます。
 いつまでも安心して生活できるよう、おつきあいさせていただきます。

①屋根保証

屋根の保証として雨漏り
剥離や早期のチョーキング
による保証

②外壁保証

外壁の保証として雨漏り
剥離や早期のチョーキング
による保証

③付帯部保証

付帯部の塗装に対して 早期の錆、色あせにたいして の保証

②防水保証

ベランダの防水工事に よる早期の雨漏れや シーリングの早期な 劣化にたいする保証

上記の保証を確かなお約束とするために、施工後にはニュースレター『幸せリフォーム通信』(全国約10万世帯以上の方々が購読)をお届けし、
 ◎保証期間内に活用できる様々なリフォームクーポン券を贈呈
 ◎保証期間内の塗り直し対応制度(定める基準により塗り直し対応が受けられます)
 ◎次回の塗装工事の際の割引対応
 など、様々な嬉しいサービスが受けられるシステムを提供しております。

これら全てを満たすものが21世紀の塗装基準『PPS-Premium Paint Survice-』であります。私たちの仲間は今も毎日全国で着々と増え続けて、未来の塗装業界の発展と幸せな日本の未来を作り続けています。

何度塗っても、材料を薄められても、手抜きをされても分からないというのが、まさにこの「塗替え」の仕事です。それをきちんと守るかどうかは、保証書とか、書面ではわかりません。最後は人間性になると感じます。

ですからこのホームページを見て、私たちを信じられるかどうかを、あなた自身の全神経を研ぎ澄ませてご判断ください。

必ず、あなたのご期待を超える塗装工事を提供させていただきます

今すぐお電話をする