採用情報

塗りかえ鈴覚では現在以下の3つの職種で一緒に働く仲間を募集しています。

社長メッセージ

塗装工事店で働くという生き方について

 塗装業と聞くと、これまでの日本では、くさい、汚い、カッコ悪い、危険、きつい、給料安いの6K、こんなイメージの仕事でありました。

 しかし、これは本来の姿ではないのです。この塗装という仕事に携わった昔の人たちが、勝手な「思い」で作り上げてしまった間違った姿です。

 本当の塗装業の姿は、クリエイティブで可能性にあふれているデザイン業であり、かつ、人々が安心して暮らすための大切な住宅、建築物を守るための尊い仕事であり、その中で、使命感を持った技術者たちが、一生を賭けて自由自在に活躍することができる最高の職業です。
 だからこそ、これまで定着してしまった塗装業に対する誤解を全て払拭して、本来の仕事に戻していくのが私たちSUZUKAKUの使命であると考えています。

 「職業に貴賤無し」という言葉を今の時代はあまり聞かなくなってしまいましたが、まさにそのとおりであり、この塗装業も素晴らしい職業の1つであると心底考えています。

 日本と世界の未来を直接明るくできるのがこの塗装業であるという自覚と、既存の塗装業界に染み付いてしまっている職業イメージや、仕事のあり方に対する改革者としての自覚を持ち、これからの若者たちと新しい喜びを生み出し続けていくのが、今の私たちのやるべきことであると自覚しております。

塗りかえ鈴覚
鈴木 覚(すずき さとる)

塗りかえ鈴覚が目指す会社像

塗りかえ鈴覚では、地域社会にいつまでの必要な存在「100年企業」を目指しています。そのために以下の3つのことを心がけています。

①健全堅実経営を志すこと

 代表親方が藤枝で塗装業を開業したのが平成54年。それ以来、1現場1現場の経営を成功させ、お客様への満足を積み上げてゆくという地道な積み重ねが、会社の発展に繋がると信じ、ここまでやってまいりました。これからも社員全員で健全堅実経営を志し、地域社会になくてはならない企業を目指しています。

②仕事を通して誠実な人間を育てること

 塗装の仕事は、普通の仕事と比較しても、技術を覚えるまでに時間がかかります。そしてその後、1人ひとりに現場を任せられるため、個人の意思や人間的姿勢がその仕事の良し悪しを決めるようになるのです。そのようなスタイルの塗装業で本当の意味で習得するべきは、「誠実な人間性」であると考えています。仕事に対していつでも真面目に取り組むこと。自分自身をまずは自分がよく理解し、正直な仕事を提供すること。
 このようなことを1人ひとりがしっかりと意識することで、真の意味での自己成長、真の意味でのお客様満足、真の意味での会社の発展が実現されると考えています。

③社員が誇りを感じる仕事と会社の創造し続けること

 社員が仕事に誇りを持てる時ってどんな時でしょうか。それは仕事を通して、お金以上の価値観を得ている時では無いでしょうか。
 もちろん生きていくためには稼がなければなりませんが、ただ生きていくためだめの仕事ではなく、「本当にこの仕事をやっていてよかった、そんな人生を生きていけることが何よりも嬉しい」と、思ってもらえるような仕事を、これからも創造していきたいと考えています。

私たちの職場環境

次に、私たちの職場についてご紹介いたします。

1.規律正しい職場

 建築業界で発展している会社には、規律正しい会社がほとんどです。それはなぜかと言いますと、①大きな仕事をチーム一丸となって行うから ②時には命を落とすこともあるほどの危険を伴う仕事だから です。
 今は「自分らしく」「自分の好きなことを!」という風潮もありますが、大きな仕事をこなすためには、チーム・組織として心を1つにして仕事に取り組むことが大切であると思っています。その時には、自分の小さな「自我」は抑えてチームに奉仕する精神が求められますが、1人ではできない大きな仕事・大きな現場をみんなでこなした時には、何ものにも代えがたい喜びを実感できることと思います。
 また、そのような仕事を通して、上司部下の結束も強く結ばれ、みんなで一体となって成長を実現していくことができます。

2.きれいな職場

 毎朝全員での清掃業務から1日を開始します。それは、資材・道具を活用する仕事だからこそ整理せいとんを大切にしているからです。また、塗装工事業は建物をきれいにする仕事だからこそ、常に、自社はきれいに保つことを心がけています。「身は体を表す」とも言いますものね。
 しかし、本質的には清掃業務は人の「心の姿勢」を整え「生き方」を整える効果があり、仕事を通して「心の姿勢」を大切にしているからです。

3.知恵と愛情があふれる職場

 ①研修制度

 SUZUKAKUでは、『塗装デザイナー養成カリキュラム』を通し、「色の三属性」という基礎から学習し、住宅に合わせた「配色の基本」と「配色心理学」を学び、また、『アンチエイジング塗装カリキュラム』を通し、住宅塗装工事の基本施工法を学び、現場で実際に作業を行いながら習得していきます。
 その結果、誰でもゼロから一流のペイントデザイナーとなってゆくことができ、一生を通して、世界中どの地域でも活躍できる人材へと成長していけます。

 その他、特殊塗装の基礎手順と基本的な建材等をオリジナル動画と、実地で学びます。

 ②福利厚生

 塗りかえ鈴覚では、現場技術者を大切にする精神から以下のような充実した福利厚生制度を準備しています。
・お茶代支給
・年2~3回の懇親会(社長のおごり!)

塗装屋さんですが、いい意味で、塗装屋さんらしからぬ「職場づくり」を社員みんなで頑張っています!

塗りかえ鈴覚の1日の流れ

それでは、1日の仕事の流れを見てみましょう。

7:30 出社・清掃・朝礼おはようございます!
7:45 現場へ出発安全運転で現場へ向かいます。
8:00 現場到着・お施主様へご挨拶・作業開始本日の作業内容をお施主様に報告してから作業を開始します。
10:00 休憩一服休憩中に段取りの確認もしながら♪
10:15 作業再び作業開始
12:00 昼食休憩お昼は近くの定食屋さんなどで。段取りも確認しながら。
13:00 作業どこまで終えるという目標をしっかり定めて、作業再開
15:00 休憩一服休憩では、お客様との談話もありますよね。
15:15 作業再開再び作業開始
17:00 片付け・お施主様へ本日の作業報告ネタ場をきれいにして、荷物は軽トラに積み、お施主様に作業報告をします。
17:30 帰社・明日の段取り・日報報告明日の段取りと業務日報を記載します。
帰宅おつかれさまでした。

このような会社ですから、みんな安心して働いています。

先輩社員の声

それでは、既に塗りかえ鈴覚で活躍している先輩に、お話を聞いてみましょう。

今すぐお電話をする