外壁塗装の色選びから失敗しないためのポイントまで一級塗装技能士が解説します

そろそろ外壁塗装をしようとお考えの方の中には、

「外壁塗装の色を変えたいけど何色がよいだろう」
「素敵な色に塗り替えてほしいけど失敗はしたくない」

と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、取っ手や屋根の色も考慮しておかないと、不自然に見えてしまうことがあります。
今回は、外壁の色に悩んでいる方に、外壁の色の効果についてご紹介します。

外壁塗装でも押さえておきたい色の三属性

色には三属性というものがあり、外壁塗装で色を選ぶ際にも基本的な知識として知っておくとよいでしょう

・彩度

色の鮮やかさの程度を表す言葉です。
彩度が高いものは原色に近くなり、再度の低いものは灰色に近くなります。
彩度が高いものを選ぶと住宅を個性的にし、目立たせることができます。

 

また、再度が低いものはパステルカラーなどもありますので、ご自身の好きなお色を再度によって決めてみるのもいいかもしれませんね。

・明度

この言葉は色の明るさを示しています。
高くなると白色、低くなると黒色になります。
低くなればなるほど、重い雰囲気の外観になります。
重厚感のある外観にする場合は明度を抑えて検討すると、落ち着いた雰囲気の住宅になることでしょう。

・色相

色相環は色のサークルのことですが、色相環で外壁の色を選ぶ際にはかなり役に立ちます。
色相環でみたときに対極にある色を選んだり似た色を選んだりできるので、色のサークルは参考になると思います。

 

外壁塗装の色が人にもたらす印象

色はそれぞれ、心理的な効果やイメージを持っています。外壁塗装の色もまた、人に特定の印象を与えます。色が人にもたらす印象を理解することで、より満足感が高く、近隣の方々や来訪する方々の目にも素敵に映る塗り替えにつなげましょう。

・黄色系

楽しい気持ちになります。精神的にポジティブになる色でしょう。
黄色の原色は目立ちすぎてしまいしますが、クリーム色など黄色味のある色を選ぶと柔らかい印象になります。

・赤色系

情熱的な色ですが、交感神経が活発になる色です。
エネルギッシュな色で元気になれるのですが、使い方や明度によっては外壁には不向きな色となるので、赤を選ぶ際は注意深く選んでください。

・青色系

青色は精神を落ち着かせる色ですので、雰囲気が良くなるでしょう。
クールな印象で、冷たい雰囲気も与えてしまうかもしれませんが薄いブルーなどはオシャレな雰囲気をだすときにいいかもしれませんね。

・茶色系

茶色は落ち着いた雰囲気のある住宅となるでしょう。
茶色系と灰色系は外壁に良く使われる色ですので、無難な色を選びたい方にはお勧めです。
さまざまな見本や他の住宅をみて彩度や明度を選ぶようにしましょう。

 

外壁塗装の色選びの注意点

外壁塗装をしようと考えている方の中には、色選びをどうすれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
外壁の色だけで家の印象はかなり違ったものになるので慎重に選びたいですよね。
色選びを間違えてしまうと、周囲の住宅と比べて浮いてしまったり、また想像したイメージと違ったりと後悔されるかもしれません。

白色と黒色は汚れが目立ちやすい

白色や黒色は汚れが目立ちやすいです。白色の家は少しシミになっただけでも遠くからわかるくらい汚く見えてしまい、黒色は傷がつくと白くなったように見えるからです。

黒色は重たい印象になるデメリットもあるので、施工力やデザイン力の高い塗装店に相談すると良いでしょう。 白色にしたい方はクリーム系の塗料を選ぶと、汚れが目立ちにくいのでオススメです。

周りの景観にそぐわないとトラブルにつながることも

周りの景観にそぐわない色をしてしまうと、完全に孤立したように浮いてしまいます。最悪の場合、景観が損なわれたと腹が立ったご近所さんとトラブルに発展してしまう可能性もあるので注意が必要です。周囲の色がクリーム色や茶色の場合、ご自身の住宅の色だけ黄色や青にするのは避けた方が無難かもしれません。

また地域によっては景観の条例により色が制限されている場合もあります。しっかりとお住いの地域の条例を確認してから色を選ぶと良いでしょう。

ビビッドカラーは色あせてしまう

赤、黄色、青などのビビッドカラーは色あせが早いです。なぜなら雨や風の影響で塗装が落ちやすいためです。

もし使いたい場合は、色あせを覚悟した上でやるか、塗り直しをこまめにやると良いでしょう。ビビッドカラーを入れたい場合はアクセントとして小さい面積に入れるのも1つの手ですね。

 

外壁塗装の色で失敗しないためのポイント

事前に打ち合わせた時に見る色見本だけでは、実際に塗ったイメージを正しくつかめないため、理想の色と違うという事例はよくあります。

外壁塗装は基本的に塗り直しできず、施工後に塗り直す際は追加料金がかかります。
そんな事態にならないよう、外壁塗装の色で失敗しないためのポイントをご紹介します。

景観ガイドラインの有無と内容を確認

先ほどの項目で、色選びの際には周囲の景観に配慮する必要があるということをお伝えしました。

地域によっては、景観ガイドラインが策定されている地域もありますので、ガイドラインの有無やその内容について事前に確認しておく必要があります。

実際に同じ色で塗り替えた家を見せてもらう

色選びをする際にサンプルを見せてもらうという方も多いのではないでしょうか?この際に注意しておくのが、塗られた面積によって色のイメージが違うという点です。

小さい面積の時の色と大きい面積の時の色では感じ方が異なります。ですので、もしサンプルを見せてもらうという場合はできる限り大きなサンプルを見せてもらうようにしましょう。

もし可能ならば、実際に同じ色を塗ったという住宅を見せてもらい、どういった色なのか確認するとより効果的な場合が多くなっています。

塗装屋さんにカラーシミュレーションをしてもらう

カラーシミュレーションとは、塗り替え予定の家や建物の全体写真を撮影して、デジタルまたはアナログで色をはめ込み、配色をデザインするものです。これをすることで、塗装の後に「あ~こんな色にするつもりじゃなかったのに」とか、「あの色の方が良かったなぁ」と後悔することを減らせます。

そのため、契約前にカラーシミュレーションをしてくれるか塗装屋さんに確認しましょう。そして、色の打ち合わせのときに希望のイメージを伝え、いつくかのパターンを作って提案してもらうとよいでしょう。

まとめ

このように外壁塗装の色は、さまざまな方法で選ぶことができます。
まずは、どのような印象を与えたいかを考えた上で外壁の色を選ぶとスムーズになりますよ。

外壁はその色が使われている面積によっても与える印象が変わることがあります。
ご家族やパートナーとよく検討してお選びくださいね。

 

今すぐお電話をする